わらび座オンラインショップ

2019年5月19日日曜日

ブログ読者のみなさぁぁ~ん!!


愛してまぁぁ~す!!
 (新日本プロレス 棚橋弘至の決め台詞)

 表情一つ変えずに何とでもコラボ可能な
スヌーピー師匠(お見事!)


前回の広末ネタに続き
またもや
ドン引きされるスタートとなりました…
(このブログ大丈夫かしら笑)


とはいえ


このように周囲からドン引きされながらも
プロレス会場で「愛」を叫び続け

総合格闘技ブームの裏で
どん底まで低迷したプロレス界を

現在のプロレスブームにまで導いたのは
棚橋選手の功績が大きかったと言われています


プロレスというものが
流血、暴言当たり前の男の世界だったのは
ひと昔前の話


いまやプロレス会場には
女性や子どもたちが溢れています


もちろん
大人の男性中心に熱狂する格闘技のような
プロレスがあっても良い


プロレスに正解はありません
それぞれのプロレス観があって良いのです
(プロレスファンならわかってくれるはず!)


そうしたなか
棚橋選手は闘いを軸にしながらも

みんなが幸せな気持ちになることのできる
プロレスを目指しました


そのプロレスがどんなものだったのか


それについては
居酒屋で3日間はかけて熱く語りたいので
ここでは省きます
(棚橋選手の著書にも詳しく出ています)


でも
  

その覚悟、信念が
 道を拓いたのは間違いありません


 実はこの状況は
広島東洋カープも良く似ています


昔の市民球場の時代は
コアな野球ファン(特に男性)中心の
少し恐い雰囲気があったそうです


でもいまのズムスタには
女性や子どもたちが溢れています


これはまったく誇大な表現ではなく
本当に愛が溢れているのです


さらに
いまはSNSも熱い!


全国のカープファンが愛で結ばれていて
 チームの夢や勝利の喜びを
リアルタイムで共有しているのです


まさに
感動の連鎖!幸福感の共有! 


いまの時代ならではの楽しみ方ですね☆


…ってなことを考えていると


やはり
そうありたいですよね!


もちろん
本番中のSNSはマナー違反です(笑)


そういうことではなくて
まずは幅広い層の方々に観ていただきたい
さらに広く感動を共有したい


ミュージカルの場合は
そもそも女性のお客様が多くて

作品内容的にも
劇場内で感動や幸福感の共有を行うのは
わりと得意分野です


 では

劇場へあまり来られない層の方々に
観ていただくにはどうするか?


今回の
ミュージカル×浅野氏広島城入城400年
という異色のコラボ

そして

広島の女子高生がタイムスリップして
浅野長晟や上田宗箇と出会う設定

さらには
終演後に劇場のロビーで
出演俳優によるお見送りも行います☆
(一緒に写真も撮れる!)


ちなみに
地元広島の企業団体様のご協賛により
4,000名を超える広島の子どもたちの招待観劇も
予定されています

 


まずはズムスタのように
愛と笑顔の溢れる劇場を目指して…


プレイボール!!



チケット発売日 5月25日(土)

詳しくはこちら 
(チケット情報は同日更新予定)






2019年5月14日火曜日

嬉しい出会いの番外編☀️

皆さんこんにちは\(^o^)/ベニです☀️
今日は、先日いつだって青空にお越しいただいたスペシャルゲストをご紹介いたします♪



「いつだって青空」の創作のきっかけにもなりました、




📖 日本女子体育の母    井口阿くり女史伝  📖




この本の著者、進藤孝三さんのご親族の皆さんが4月29日にご観劇くださいました🎶


※舞台では岡村雄三さんが進藤孝三さんを演じています✨


皆さん本当に喜んでくださり、

「父が井口阿くり!井口阿くりといつも言っていた意味が分かった。すとんと腑に落ちた!」

「家中を井口阿くりで一杯にしていた父の仕事が、大事だったと初めて理解したような気持ち」

「ぜひ東京でもやってほしい!!」

などなど、私達にとっても嬉しく、そして力になるご感想をたくさん頂きました✨✨
本当にありがとうございました!


みんなの青春がつまったこの舞台。改めて、あの「井口阿くり女史伝」という分厚い本の中に進藤孝三さんの青春と情熱がつまっているのですね(⌒  ⌒)


きっと進藤孝三さんも、阿くりさんも青空から応援してくれているはず!☀️
これからの公演も全力で走ってまいりま~~す!!!


ご来店、誠にありがとうございました。

令和元年になって早半月。


10連休という長い楽しいゴールデンウィークも、あっ!!という間に過ぎ去り、日常に戻るのも辛い、、、という方々も多かったことでしょう。




今年のゴールデンウィークは、芸術村内も様々なイベントを行い、来てくださったお客様に楽しんでいただけるように、役者・スタッフ一同精いっぱいおもてなしさせていただきました(*''▽'')




我らKINJIRO!チームのメインは「春のナイトステージ」




今回は、



みなさまの心の友「芸バー」の従業員一同でショーを開催いたしました☆


その一部を大公開~!!



※写真は通し稽古の様子をジパング班の黒木友宜さんが撮ってくださいました☆


オープニングは「御神楽」から



令和の年が稔りある年になりますように。


そして、剛さんとづんちゃんの素敵な素敵な生演奏~♪

裏で聞いてて心が洗われました( *´艸`)




なまはげ登場~!!



こちらは「芸バー」の支配人。



なまはげさんにも精いっぱいのおもてなしを☆



そして、「竿燈囃子」

 進ちゃんのこのブレずに止まっていられる形、尊敬します。自分、もっと頑張ります。



    そして、謎のお婆さんが登場し、青春時代に戻りたいとのことで、従業員一同でおもてなし!




              そして虎舞!!


            最後は「東北GENKI祭り」




5日間、毎日本当にたくさんのお客様に来ていただきました。


一般のお客様だけじゃなくて、先輩や後輩がたくさん来てくれたことが個人的には嬉しかったなぁ。



お忙しい中、足を運んでくださった皆様!!


本当にありがとうございました☆




そして!「KINJIRO!」再スタートに合わせて、一般公演情報!!



今年は去年までの2年に比べて少なめですが、ぜひ足をお運びください♪



       5月25日(土)
     鈴鹿市民会館(三重県鈴鹿市)
     14:00開演(13:30開場)
     指定席:3500円(当日500円増)
     自由席:3000円(当日500円増)
     ※未就学児の入場はお断りします。


    
        6月22日(土)
  山梨県立県民文化ホール(コラニ―文化ホール)   (山梨県甲府市)
      14:00開演(13:30開場)
      全席指定:一般4000円/中学生以下2000円



         6月30日(日)
     相馬市民会館 大ホール(福島県相馬市)
     14:00開演(13:30開場)
全席指定:一般3500円(当日500円増)/18歳以下1500円(当日500円増)親子ペアチケット4500円


みなさまのご来場、キャスト・スタッフ一同、お待ちしております♪

2019年5月10日金曜日

初めての写真撮影だニャン♪

ドッキドキの写真撮影だったにゃ〜!




リウタさん、髪のセット中………


真剣な眼差し!カッコイイにゃ✨



先輩方の撮影を見学………


ビスカイノ様、ワイルドだにゃ…!



カメラマンのコンドウダイスケさんと
写真のチェック中…♪


いい感じニャ〜〜♪



いよいよ自分の番!
がんばるにゃ!


最初は気をつけっ!!



相棒も張り切ってるニャ〜〜☆





ちっちゃい相棒とのオフショットにゃ😺
(身長差は1cm……………)





出来上がりが楽しみだにゃ〜〜!!!





※おまけ
ハートをつけてもらっちゃった!!
ラブラブにゃ〜〜〜♡






※この写真はコンドウさん撮影ではありません

※掲載写真の無断使用はお断りします

2019年5月9日木曜日

全国公演始まりました!

みなさんこんにちは!


5月3日から5日の小劇場公演、

ご来場くださったみなさま、ありがとうございました!!





そしていよいよ、、、

全国公演スタートです!!





目指すは大阪!


の前に!

会場の下見のため山梨県に立ち寄りました☆



可憐なヤマシャクヤクに出会いましたよ!!


こんなにたくさん咲いているところを見られるのは珍しいそうな(*^_^*)

とってもきれいでした!







高速道路に戻ろうとしたら・・・





ん、、、てっぺん、なんか、見たことある立ち姿・・・



あ!!!






じ、、次郎吉っつぁん!!!

ダブル次郎吉参上!!





そして、

本日、無事に学校公演初日が終了しました!


「楽しかったよ!」の言葉や、

ハイタッチの笑顔に勇気をもらって

明日は京都の学校さんへ☆



行ってきます!(*^。^*)
















2019年5月7日火曜日

GW楽しかったニャン♪

ジパングメンバーはGW大活躍からの~~ ジパング稽古再開!!

 

初めてメイクしたニャ~~♪





GWを写真で振り返るニャ

 

大好評だったミニステージ!!




サムライ・殺陣体験



手創る市でのパフォーマンス「傘踊り」




KINJIRO!チームと合同での「鬼剣舞」



 

劇場支配人さんもアイスクリームの売り子に♪ (^_^)







再開した稽古場には全国ツアー版の舞台セットが!!



肉球~~💛







一般公演初日のシアター1010公演まで一ヶ月!

まってってニャ~♪




※掲載写真の無断使用はお断りいたします

2019年5月5日日曜日

マジで恋(鯉)する5秒前!


令和元年初めてのブログ更新
まさかの広末スタートです
↑元ネタが古くて伝わりにくい!
思わず、折り鶴もズッコケる


ではなくて(笑)
5月は鯉の季節ですね


ようやくカープも上昇気流
大型連休の巨人戦はいずれも大熱戦でした
(2勝1分けと勝ち越し!)


ちなみに
この不細工な折り鶴は筆者の作です
(↑鶴に謝りたい)


原爆ドームの隣にある
おりづるタワーに行ってきました


ここにはタワー側壁に
「おりづるの壁」というのがあって


そこに平和を祈りながら
来場者が1羽1羽折り鶴を折って投入し
積み重ねていく企画を行っています
(詳細はこちら


壁一面が折り鶴で満たされるようになるのは
あと4~5年かかるそうです


このタワーからは
あの「原爆ドーム」を
すぐ隣に見ることができます


今回の公演を担当するにあたり
原爆とどう向き合うか考えていました


戦争の悲惨さ、人間の愚かさ
原爆投下はその負のシンボルであることは
十分承知しています


それでも
実際にタワーからドームと向き合った時に
頭に思い浮かんだのは



それでも生きる



というシンプルな言葉でした


同時に


観光パンフレットのように
ドームだけを切り取って見せるのではなく


広島の街並みと一緒に
写真に収めたいと思いました

(おりづるタワーからの風景)


戦争を起こし
人を傷つけ、あやめるのも人間なら
 
平和を求め
人を愛し、育むのも人間です


まさに光と闇ですが
どちらかの人間がいるのではなくて
 その間で常に葛藤しているのが
人間なのだと思います


「平和」とか「復興」とか
上辺だけの美しい言葉ではなくて


闇を抱えながらも絶望しながらも
必死に希望を求めながら生きている人々の
愛も情熱も憎しみも怒りも涙も笑いも
そのすべてが感じられる


まさに
劇場のような場所
(広島ならズムスタかな)


そんなことを考えながら
残念な折り鶴に再び目を落とす
 

(う…う…やっぱりなんかごめんね泣)

ちなみに
当初思い描いていたのはこんな感じ↓

(これもある種の光と闇でしょうか)


いろんな葛藤を抱えながらも
平和への願いと鶴へのお詫びの気持ちを込めて


投入!


 (↑筆者の足 けっこう高いところから!)



フワフワと落下していく残念な鶴を眺めながら
うまく折れなくて無念の表情の筆者に


案内のお姉さんが
「それでもうまく飛んでいますよ!」
と温かい励ましのお言葉


に対して


いえいえ飛んでいるのではなく
落ちているのですよ~


と心の内で後ろ向きに呟くのも
筆者の闇でしょうか


「茶の夢」公演ご来場の際には
ぜひこちらのタワーで体験してみて下さい


今年は同施設を拠点に
楽しそうな街歩きイベントも
開催されています



令和元年を
波乱の広末スタートとした本ブログですが

歌のタイトルとブログの内容と
ほとんど関係ないのではと葛藤した末に
なんとなく末広がりみたいで
縁起が良いじゃないと
そのままいくことを決めました
 (↑素直にみんなに謝ろう)


(↓ここからはブログ公開後の追記です)

そしてなんと

このタイミングで
作品WEBページの公開となりました
(やっぱり縁起がよいのかも)

詳しくはこちら


ではでは~