わらび座オンラインショップ

2019年2月17日日曜日

高田屋嘉兵衛生誕記念 ザンブリコ♪

20年ほど前のわらび座作品「菜の花の沖」(原作:司馬遼太郎 脚本・演出:ジェームス三木 美術:妹尾河童)の主人公、高田屋嘉兵衛のふるさと兵庫県淡路島(洲本市)での北前ザンブリコ公演。

「高田屋嘉兵衛翁生誕250周年記念事業」でお招きいただきました。

洲本の海
 
第一部の式典に続き、第二部は「KODACHI ~木立~」の記念演奏♪

胡弓の木場大輔さん(洲本市出身)と、ピアノとプログラミングの足立知謙さんのユニットで、高田屋嘉兵衛をイメージした楽曲も制作。本日のステージではその曲も含め5曲ほどが演奏されました。めっちゃ素敵で、優しく心に染み入って来る演奏でした。

KODACHIのお二人

そして第三部が「北前ザンブリコ」!!
満席のお客様が(高田屋嘉兵衛もそうであった)北前船の話に見入って下さいました。


豪商と呼ばれる事が多い高田屋嘉兵衛ですが、地元では「幕末の英雄」と呼ぼうという新たな動きも広まっています。
たった一人でロシアを説得し「ゴローニン事件」を解決させたのですから、豪商だけて言い表せられる人物ではありません。
幕末に国内で活躍した「英雄」と呼ばれる方々もいますが、あの時代に言葉も通じない異国との交渉を成し遂げた活躍はまさに「英雄」と呼ぶにふさわしいと私も思います。


「菜の花の沖」全国公演初日の淡路島五色町の体育館、そしてラストシーンに客席全体が菜の花色に染まったこと等を思い出しました。

第一部開演前



「北前ザンブリコ」はラスト8ステージになりました!!

初日の山形県酒田市から今日の洲本市公演まで、各地の皆さまから受け取った熱い思いを胸に、千秋楽まで積み重ね続けて行きます♪♪



☆    ☆    ☆    ☆    ☆


NHK秋田局が制作・放映した「あきた鉄道出会い旅~田沢湖線編」が、ついに全国放映されます!!

わらび劇場、そして北前ザンブリコの舞台シーンも紹介されています!!

2月21日午後3時08分 
NHK総合 「ごごナマ」での放映です。

「ごごナマ」は午後1時からの番組ですが、ニュース等を挟んで午後3時08分からの枠での放映となります。

平日ですので是非・録画してご覧下さい♪♪