わらび座オンラインショップ

2018年5月14日月曜日

初日燃えたゼ ザンブリコ♪

「北前ザンブリコ」全国公演の初日が、山形県酒田市で満員のお客様の中で開幕しました。




あきた芸術村からも見える、秋田・山形県境の鳥海山の裾野を走って、2日前に酒田入りしました。




北前船の歴史と文化を今に伝え、北前船の航路であった日本海側を再興させようという熱い思いの方々で前夜祭も行われ、リハーサルを終えたザンブリコメンバーが到着すると大きな拍手で迎えられました。

自己紹介と作品への思いを語り、舞台より2曲を披露。
熱い手拍子が沸き起こり「自分の街でも公演を実現させたい」と語って下さる方も!!


前夜祭後に酒田舞子の方々と





北前船で栄えた酒田の街は、いたるところで北前文化を感じ取れます。


かつての酒田の街


今も現役で米蔵として使用されている山居倉庫
藤の花がきれいでした。


「本間様には及びもせぬが せめてなりたや殿様に」と歌われた、大商家「旧本間邸」
 

酒田最大の米問屋だった「旧鐙屋」(鐙⇔あぶみ)


北前船の船員の宿泊所にもなっていたそうです。厨の再現もあります。


街のマンホールも北前船!!


酒田の海を見下ろせる日和山公園、ツツジが見ごろです。


園内には(小さめですが)北前船のレプリカがあり、乗船できます。


祭りも盛んな街!!






北前文化を強く感じる街での「北前ザンブリコ」初日公演!!

随所に笑いや拍手が出て、舞台と客席が一体となった熱い初日になりました。


舞台の最後には、「夢千丸」(舞台の北前船)を出迎える歓迎の出し物として、酒田北前太鼓の皆さまの大熱演もあり、初日に華を添えて下さいました♪

カーテンコールでは熱いあつい手拍子が!!
「私の勝手な思いですが・・・」と前置きしつつも「千穐楽も是非この酒田で行いたい」と三重野葵が挨拶すると大きな拍手が湧きおこりました。

終演後のロビーもお客様の沸き立ちがすごく、熱く感想を語って下さる方も多くいらっしゃいました。


初日を終えて



酒田の皆さまや北前船寄港地の方々の、北前船・北前文化への熱い思いや願いを受け取って、これから全国を駆け廻ります!!

みなさま宜しくお願いいたします♪♪




※掲載写真の無断使用はお断りいたします