わらび座オンラインショップ

2018年2月28日水曜日

びっくり理一郎!高田バージョン千秋楽!!!

です!!!

いやー終わりました~~~~!!!

なんだか「あっ」と」いう間でした。


初日から13回、で正月2回、なんだか「ジパング青春期」を挟んで1/27から12回・・。

昨年度のなかいち公演「125回」に比べればホント「あっ」いう間でした。
(丸山先輩は政吉とフジタ・高田は新リキノスケ走る!共に4か月で、125ステージ!!経験者)

ですが、中身の濃い時間でもありました。



「理一郎チーム」みんなに感謝です。


劇団の大先輩である丸山先輩の胸を借り、安心して舞台を務めることが出来ました。
いつもバタバタしている私より早くに楽屋入りして、ストーブを点け暖かくしていただきありがとうございます。

大雪の秋田で、主役を全うしてくださっている笠倉さんと、お茶台のお菓子話題はとても癒されました。

作品へのこだわりがしっかりある舞台監督押久保さんは、いつも穏やかに様々なことに対処して頼もしい限りです。

粛々と役割を果たしつつ、その他劇団の様々な仕事をこなす、照明恭子さん。本当に頭が下がります。



チームというのは人のバランスだと思うのです。
その人が丸のままのバランスではなく、チームの中で互いに思いやりを持ち、信頼の上で自身のポジションとバランスをとっていく。

「理一郎チーム」中々良いバランスのチームだったのではないかしら(#^.^#)




旅立ちの二人、チームからお花をもらいました💛


視線の先に待ち受ける様々な困難・・・いえ試練・・・・いえ出会いに胸膨らむ二人。
諭吉も入れて3人。




受付のスズさんもご一緒の「理一郎チーム」!!

丸山先輩の無茶ぶり!(って理一郎さんが言ってた(*´Д`*)・・・いえ発案で
「二人を囲んでキラキラ!!ってやりたい!!」とのこと。

・・・・う~ん静止画でキラキラ・・・

精一杯キラキラしている「理一郎チーム」

本当にありがとう💛💛



雪が少し落ち着いてきて「春」の足音が聞こえてきます。
(へめこの足音じゃなくてね…)


お客さまからもお花をいただき感謝の気持ちでいっぱいです!!

共に笑い・涙する作品。お客さまと創ってきたところもあると思います。
小劇場の真骨頂ですよね。
間近にお客さまの呼吸を感じる。

本当にありがとうございました!!!!(*^-^*)






「びっくり理一郎」は卒業しますが

「わらび座」2018年度作品次々に始動します。

自らの創造の翼をはばたかせ、私たちは 巣立つ!!(卒業式モード)


またどこかでお会いしましょう(^O^)/






そして・・・・・帰ってきた!!!

美郷が生んだスーパースター!!

「髙橋真里子」が

3/18まで走り切ります!!!




そしてそして、さらにプレミアム!!!

3/11 10:30

追加公演!!!!!


まり役に「神谷あすみ」出演!!!!!!



ぜひお見逃しなく(*^^)v