わらび座オンラインショップ

2017年2月25日土曜日

いよいよ明日、千秋楽公演!

です!!

全125ステージ。


9月26日チームが初顔合わせして、まるっと5か月間。。。

まさに寝食を共にしてきたチームです。


いつもの公演生活とは少し違う情の移り方ですが・・・、

元気に「この道の先へ」、足を進めていきます!!!

出会いと、旅立ちの春。。。。

今日の秋田市はこんなにすっきりとした朝でした。





(あっっっ!旗が反対・・・・。。。)

気の引き締まる思いで、二回公演!!


予約数を大きく超えるたくさんのお客様に、本当にうれしい気持ちです。

さあ明日も、

「固くならず、力まず、気負わず」 芝居に向き合い、お客さんとの出会いに感謝しよう。















2017年2月24日金曜日

徳島にやってきました!

こんにちはー。
ごきげんよう。
風の又三郎です。

のべ3日間かけてやって参りました徳島ー!!!
着いてすぐに宿のお母さん手作りの苺大福のお接待。
お遍路さんじゃないけど、心と身体に沁みていきます。



そして、なんと明日の海陽町、明後日の小松島市ともにsold out!満員御礼!札止めだそうです!
本当に本当にありがたやー。

今日のお宿の目の前は海です。
もちろんこうなります。



砂浜ジョグをする人、釣りをする人、海をボーッと眺める人。



おっ?!何か釣れたようです。
スゴイゾ!
なんだナンダ?



地球釣っちゃったー(笑)

明日もみんなでミラクルを起こしていきます。
準備万端整えて。
会場で心よりお待ちしています。

2017年2月21日火曜日

赤いほっぺメンバー紹介 ③

「赤いほっぺ」チームのメンバー紹介、3回目は亜希役の川井田南と音響さんが登場です!!


☆   ☆   ☆   ☆   ☆


みなさんこんにちは♪
私は『赤いほっぺ~横手かまくらの詩~』で亜希ちゃんを演じています川井田南と申します。
出身は沖縄県です。

この物語は、横浜から秋田県の横手へ転校し、言葉、食べ物、人間関係、雪国の暮らしなど全てに戸惑いを隠せない亜希ちゃんが、おばあちゃんや同級生の祐一郎君、お母さんと向き合う中でだんだんと自分らしく成長していく、雪と家族のお話です。


この作品と役に向き合う時、私が思い出すのは「踊り教室」で出会った沢山の学生さんのことです。
わらび座では、主に修学旅行で秋田へいらした学生さんと「NEWソーラン節」を踊ります。
身体を大きく動かして、仲間や自分を励ますように大きな掛け声で生き生きと踊るのです。
亜希ちゃんのように「なんか分かんないけど」「そうじゃなくて」と一生懸命答えを探している学生さんたちです。


大人になった亜希ちゃんは気づきます。
あなたは決して1人じゃない。あなたの隣で生きている人も、あなたを空から見守っている人もいる。この地球全てが貴方を愛おしく思ってる。あなたの命はあなただけのものじゃない。今は辛くても生きていればきっと素敵なことに出会えるから。大丈夫だから、信じてと。


雪と家族の物語…といいながら、この文では雪が登場しませんが、実際にこの作品をご覧いただけたら答えが見つかります。


終演後にお見送りをする際、外の雪を見て微笑んで帰られるお客様を見て胸が熱くなりました。
みなさんのそれぞれの想いがこの作品にはつまっているのだと・・・


是非、あなたの隣りの大切な人と おざってたんしぇ♪
川井田南


☆   ☆   ☆   ☆   ☆


劇団わらび座ブログをご覧のみなさま こんにちは!
ミュージカル「赤いほっぺ」音響オペレーターのさきです。

突然ですが!!今回の作品で"音響のここに注目してほしい所を紹介します!
あきちゃんと同級生の会話です!
役者本人の声と、録音の同級生の声とを、会話のテンポを崩さず、どう自然な会話にみせるか、役者の芝居、呼吸、お互いの間の取り方が駆け引きとなってきます。
間の取り方が違うだけで、伝わり方が変わってしまうこともあります。
簡単なようで実は難しい…

短いシーンではありますが私が力を入れている場面です。
ぜひ注目して頂きたいです!

あ…自分で言ってハードルを上げてしまいました…
あや、しかたね^^;精一杯頑張ります!!!


小劇場では今回の物語にも出てくる「あまえっこ」(甘酒)を販売しております。
甘酒は2種類!!どちらも美味しいです!オススメします!


残すところ 23 ステージとなりました。


皆様のお越しをお待ちしております♪

2017年2月19日日曜日

横手の雪まつり ②

横手の雪まつり ~かまくら編〜

ぼんでんコンクールの後は「ミニかまくら」のある蛇の崎川原へ伺いました。

今年のミニかまくらの数は3400個以上!! 過去最高だそうです(^^)

客演の中村勇矢さんと高橋磨美がミニかまくら作りに挑戦!!
型になるバケツに雪を入れ踏み固めています。
滅多に見られない光景ですね。

完成を目前に嬉しそうな中村さん。

雪まつり実行委員長の和泉慎太郎さんが直々にご指導して下さいました。

その頃、川井田南は灯り点し隊副隊長の田畑晃子さんのご案内で「観光エキスパートEXPO」へ。
細子細工の体験をしてきました。

その後、蛇の崎川原で磨美さん、勇矢さんとミニかまくら作りをバトンタッチ!
受付にて『赤いほっぺ』の看板がお出迎え、和泉さんの粋な計らいに感動しました。

一時間ほどミニかまくらの「灯り点し隊」に入隊!
初参加の私に 横手在住のかなえちゃんが優しく楽しくレクチャーして下さいました。


その後、蛇の崎川原を離れ、横手おやこ劇場さんのかまくらにおじゃまし、子どもたちから甘えっこ(甘酒)と豆もちをいただきました。
こちらをリラックスさせるようなあったかいお接待に感動〜
とても楽しい時間を過ごさせていただきました。
子どもたちは保育園の頃からかまくらでお接待しているのだそう。さすがでした。


そして!!全てのミニかまくらに火がともった蛇の先河原がこちら!!
プロカメラマンの小泉大輔さんの写真です。



ミニかまくらを満喫した後は「横手かまくらFM」へ。
田畑さんの番組にお邪魔して舞台の告知などをさせていただきました。
貴重な経験をさせていただき、本当にありがとうございました。



横手の雪まつり、また必ず行きます。
みなさんの雪まつりに対する情熱、心からのおもてなしを強く感じました。
かまくらも梵天も、蛇の崎川原のミニかまくらもそうですが、何より横手の皆さんにまた会いに行きたいなと思いました。
この感動を胸にこれからの舞台も更に深めてまいります。




横手の雪まつりは毎年2月15日、16日に開催されています。

来年まで待てないという貴方!!
あきた芸術村小劇場では横手のかまくら祭りがモデルとなった『ミュージカル赤いほっぺ~横手かまくらの詩』が3月20日まで上演していますよ!

ぜひ、おざってたんしぇ♪
川井田南

2017年2月17日金曜日

横手の雪まつり ①

横手の雪まつり〜ぼんでんコンクール編〜

2月16日、横手市役所庁舎前おまつり広場で「ぼんでんコンクール」が行われ「赤いほっぺ」の役者3名で行ってきました(^^)
35団体の個性豊かな梵天が並びます。圧巻です!

会場では「横手かまくらFM」の小笠原局長にお会いすることができました。
亜希の母、香織さんを演じる高橋磨美とこの一枚。
「赤いほっぺ」を見た方にはこのツーショットの意味が分かるかも??

また横手市の 高橋 大市長にもお会いできました。
横手の雪まつりを「静のかまくら、動の梵天、対照的なお祭りだ」とお話しされていたことが印象的でした。

 実は今回、光栄なことに特別賞として「あきた芸術村わらび座賞」を授与させていただきました。
心を込めて作られた梵天を審査させていただくとあって、責任重大です。
3人とも時間をかけて一つ一つの梵天を見て回り、審査にも熱が入ります。

審査が終わり受賞式が始まるまで、 地元小学生の梵天歌や様々なアトラクションがあり、イベントは大盛り上がり!!
なんと私たちも「赤いほっぺ」の『おざってたんせ あがってたんせ』を歌わせていただき、沢山の方が足を止め聞いて下さいました。
本当にありがとうございましたm(__)m

いよいよ受賞式。 そして私たちのハートを射止めた梵天は…
タプロス株式会社 横手支店さんの梵天でした。 おめでとうございます。
記念撮影にパチリ !
赤いほっぺのご招待券もプレゼントいたしました。




翌日、全ての梵天は旭岡山神社に奉納されました。
17日の朝「ジョヤサージョヤサー」と沢山の梵天が駆け抜けておりました。
梵天は大きさにもよるのですがひとつ40キロ〜60キロはあるのだそうです。
その梵天をバランスよく持ち上げて走るのです。惚れ惚れいたしました。

つづく

次は横手の雪まつり~かまくら編~ を投稿します!
お楽しみに♪



☆ラジオ出演のお知らせ☆


先日、大仙市の「FMはなび」の伊藤美果さんが、赤いほっぺの観劇後に役者3人にインタビューをして下さいました。
   2月21日(火)午後12時41分頃よりオンエア予定です。
大仙市にお住いの皆さんは87.3MHzにてラジオをお楽しみ下さい。

 全国各地でもスマートフォンのアプリでラジオを聴くことが出来るそうです。
APPストアで「FMはなび」と入力して無料アプリをダウンロードし、そちらからラジオをお楽しみ下さい。




最後までお読み頂き、ありがとうございました。

それではまた 小劇場でお会いしましょう♪
川井田南

あと・あともうわずかです・・・!!!

みなさーん!

新リキノスケ走る!!

終わっちゃいますよー!!!

っという事で、

明日2/18から連続9回公演と

2/25 2回 

2/26 2回

計13公演終了です。


うひょー!!です。

全125回の公演・・・

思えば銀杏が秋晴れに輝くなかいち・・・

雪がチラチラ舞うなかいち・・・

イルミネーションが恋人たちを照らし出すなかいち・・・

そして 春の訪れを感じるなかいち・・・



長いようであっという間のなかいち公演でした・・・

って、まだ終わってませんから!!!



「4・5年生が観劇教室で観たのだけど、6年生の僕は観れないので、母と来ました。」という男の子。

「わらび座は何回も行ってます。でも歳行って中々最近は行かれなかったけど、市内でやるならと思ってきました。」というばっちゃ。

「こないだは友達と招待券で来たけど、とっても良かったから、今日は旦那さんと来ました。」という奥様。

「わらび座始めてみました!!すごかったです!感激して・・・。。」と胸を詰まらせている大学生。

「いがった!!」っと一言。握る手のぬくもりと力強さが心を感じさせてくれる父さん。


たっくさんの励ましと、「ありがとうございます。」があふれたロビー。

写真を撮り、握手を交わし、笑顔と涙のロビー。


生の舞台の醍醐味、その日限りの真剣勝負。。。


4か月間で125回公演は初めてですが、その数分の素敵な出会いをさせていただきました!

ありがとうございました!!!!


って、まだ終わってませんから!!!!


さあ、明日の公演はどんな出会いになるか。

みなさん、おまちしてますよ~✨


2017年2月15日水曜日

赤いほっぺメンバー紹介 ②

「赤いほっぺ」メンバー紹介の2回目は、客演さんと照明さんが登場です。

イベント参加・ラジオ出演のお知らせもありますョ~!


☆  ☆  ☆  ☆  ☆



わらび座 冬の小劇場公演 『赤いほっぺ』に客演として出演させて頂いております、中村 勇矢と申します。


実は随分前になりますが『おくのほそ道』という作品が僕の初めてのわらび座出演でありまして、また再びご一緒出来る幸せを噛み締める毎日です。


赤いほっぺは出演者三人。
ですが沢山のスタッフさんと一緒に知恵やエネルギーをじっくり注いだシチューのような舞台です。
色々な仕掛けや魔法がかかっています。
登場人物も右往左往しながら色んな顔を見せてくれる可愛いおはなしです。


もうすぐ折り返しですが、演じていてまだまだ発見があります。
きっと見て下さる方々にとっても見どころが色々あるのではないかなぁと思います。
そして、とてもあたたかい気持ちになります。
冷たい雪のかまくらがとても温かく感じる、そんな不思議な舞台です。

3月20日の千秋楽まで心温まる舞台がより美味しくなるようにまだまだじっくり煮込みます。
お寒い中ですが、どうぞ温まりに来て下さいませ!


因みに僕は祐一郎という秋田県横手に住む男子高校生役、それから他にも色んな役を演じてます。
さて全部で何役でしょうか?
ご覧になった方で分かった方はこっそり教えて下さい。


☆  ☆  ☆  ☆  ☆


皆さま初めまして。
「赤いほっぺ」照明オペレーターのたっぴーです。

わたしは秋田出身ではないのですが、この作品に出会って秋田のいいところ、人の温かさ、秋田弁の面白さを再発見できました。
小劇場にいながら、まるでかまくらの中にいるようなほっこりとした気持ちになること間違いなし!


冬の寒さにも負けない役者の熱い演技はもちろん、素敵な音楽・セット・照明もお楽しみください♪

皆さまのお越しをお待ちしてます!


☆  ☆  ☆  ☆  ☆

お知らせ

横手市では本日(15日)と明日(16日)、雪まつりが行われております(イベント自体は14日から開催されているようです)
是非皆様、本場のかまくら、幻想的なミニかまくら、梵天(ぼんでん)を見に横手まで足をお運び下さい!!
ちなみに「赤いほっぺ」の役者3人も16日の梵天コンクールにお邪魔します♪
劇中の歌も歌わせていただきますよ(^^)

そしてその後は…亜希役の川井田南がミニかまくらの「灯り点し隊」に初参加!
その感想などを横手のFMかまくらの番組でお話させていただきます。
FMへの出演時間は21時〜21時30分(番組は22時までです)
パーソナリティーは赤いほっぺの初日トークショーでお話して下さった灯り点し隊副隊長の田畑晃子さんです。

既にわくわくドキドキ…
今からとても楽しみです♪♪

雪まつりの感想も後日アップいたしますね。

ではまた、小劇場では18日にお会いしましょう♪

2017年2月12日日曜日

紙風船飛びました!

仙北市西木町上桧木内での紙風船あげで、わらび座作品が描かれた紙風船が冬の夜空に昇って行きました。


座内のプロジェクトチームが企画し、各作品の出演者やファンの皆さまの願い事やメッセージも書かれた特製の紙風船でした。



以下、プロジェクトチームからのお礼のメッセージです。


☆  ☆  ☆  ☆  ☆


昨年10月なかばにプロジェクトを立ち上げ、初の「紙風船」を飛ばすため準備して来ました。


12月にはハルらんらんチームのイベントでたくさんのみなさまにメッセージを書いていただき、大切な想いを乗せて 雪の空へ飛んで行ってくれました。

 
メッセージを書いていただいたみなさま、ご協力いただいたみなさま ありがとうございました。

 
来年に繋げていきたいと思っております。


☆  ☆  ☆  ☆  ☆


小正月のこの時期は、秋田県内各地で様々な冬まつりが行われています。

秋田芸術村の小劇場では、秋田の冬まつりのひとつ・横手の「かまくら祭り」への思いがギュッとつまった「赤いほっぺ」を上演中です。

冬まつりに来れなかった皆さま、冬まつりを愛する皆さまに是非ご覧頂きたい舞台です。


まだまだ寒い日が続きますが、舞台を観て、心から温かくなってたんせ~!!

2017年2月8日水曜日

赤いほっぺメンバー紹介 ①


皆さんこんにちは♪
冬の小劇場「赤いほっぺ」で、主人公 亜希のママ 香織と、その母 リンばあちゃん を演じています高橋磨美です。

「赤いほっぺ 」なんとも素敵な作品に仕上がりました。 ほっこりした。泣けた。なんか清々しい気持ちになった。見る方々によって感想は様々ですが、帰りのお客様のお顔を見ると 必ず笑顔♪
何といっても、チームの皆がこの作品を大好きなので、良い舞台に仕上がってるはず。


全公演44ステージ、残すところあと 33 ステージ!
皆さまお見逃しなく!ぜひ観にいらして下さいね~。


皆でお待ちしております♪

まみ




バレンタイン特別企画

そしてそして!!2月12日(日)には チョコっと早いバレンタイン企画♪がございます!
13時30分の終演後、カーテンコールの際にご観劇下さったお客様へチョコをプレゼント致します。(もちろん女性にも!)
お客様お一人お一人に手渡しでお配りします。
 

どうぞ、愛のチョコ♡もらってたんせ♪

2017年2月1日水曜日

昨日今日のあれこれ・・・。


秋田市は、雪がだいぶ解けてしまい、2/4・5の雪まつり用のかまくらが・・・・。


しかし「かまくらのおじちゃん」  (小劇場「赤いほっぺ」参照)が
さささっと雪を盛り、
ぺぺぺっと固めて、
ビシッとかっこいいかまくらがすぐに復活しました!!!


さてさて、1月は、応援いただいている団体の皆さんのところへ、「新年のご挨拶」に伺う機会が4・5回ありました。


近場ですので、こんな格好で、列を作って、ご挨拶のアトラクションへ・・・


ど・どうですかね・・・・・。。。




なんだか不思議な人たち・・・。

しかし、ただしい「角巻」の使い方です。。

一人だけジャンパー着てる人いる・・・・・。

写真撮ってる人もいる・・・。


ビシッとかっこいいかまくらは2/1本日より、OPEN💛



こんなことしたり・・


                        こんなんしてみたり・・・・





秋田市のイルミネーション綺麗ですよ°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°


さあ!!!今日から2月!!!


もうすぐ暦の上では「春」

別れと、旅立ちと、出会いの季節。


なかいち にぎわい交流館AUにて

あと わずか!32ステージ!!!!!

皆さんのお越しを、  

待ってまーす!!!!