わらび座オンラインショップ

2016年10月29日土曜日

あぜくら福祉会 とのコラボステージ♪


げんない一座、ジュビロ磐田でおなじみの静岡県磐田市東京のド真ん中の女子大学神奈川県の私立の学校で多くの学生に舞台をお届けしています。

毎公演、Twitterなどから多くの熱い感想をいただいて、その想いからパワーをいただいて公演してます♪

そんななかで、げんない一座の精鋭部隊で関東から関西へ飛びコラボステージなるものをやってまいりました!

あぜくら福祉会という、障害者が精一杯働き、学びあい、たくましくゆたかな生活を気づいていけるような施設を作ることを理念としている社会福祉法人が兵庫にはあります。
げんないと同じ作・演出が横内謙介先生の“アトム”を、このあぜくら福祉会さんは2011年に取り組んでいただき、今回はそのときのご縁から、30周年の記念式典によんでいただきました。


1ヶ月程前から打ち合わせや稽古を積み重ね、前日には作業所での稽古も行いました




当日の記念式典ではホテルの何百人も入る会場で、コラボの太鼓演奏から



思い出のアトムの曲をお送りしたり……



東北の芸能の虎舞、花笠音頭、沖あげソーラン等をお送りしました







終盤には福祉会の仲間たちもあがって、手話の歌を一緒に歌ったり、ねぶたのハネトで大いに盛り上がりました!




とても短い時間だったけれど、一緒にコラボした皆さん一人一人の様々な嬉しさ楽しさの表現にふれて、同じように幸せを感じることができた気がします

式の最中、何回か同じ円卓の人と手を繋いで
「ありがとう」
って言うことがありました。

そんなところから、気持ちや心を繋ぎあわせることがこの福祉会さんの30周年に繋がり、
皆さんの笑顔に出ているのだなと感じました。

ご挨拶では一筋縄ではいかず、貧しいこと辛いこともたくさんあったと話されていましたが、福祉会の皆さんにはお金で買えないような深い繋がりと本当の幸せってそういうことなんだろうなと感じさせられました。



あぜくら福祉会さん、どうもありがとうございました!!!


鈴木潤子