わらび座オンラインショップ

2015年9月27日日曜日

おまつの部屋パート23


ど〜も〜♪♪

お久しぶりです♪


稲刈り始まってます〜♪

アネコムシ大量発生中!!
(なに?それ??という方…カメムシの事です!!窓一枚につき、毎日、10匹………。毎日退治、毎日10匹………。)


大変お久しぶりなので、数回、続けてみますね♪♪♪


本日の隙間っこは

『花火』


もう、半月程経ちますが、わらび座から車で50分位の、神宮寺という場所の、花火大会へ行きました。


『花火』

というと、地元の夏祭りの締めとか、メインイベントとか、そんなイメージでした。

『大曲の全国花火競技会』の存在も、わらび座に来て知りました。



先日観た花火は、河原で、地元の皆さんが敷物敷いて、屋台も1、2軒なので、各家で何かしら持参して…でも、ほとんどの皆さんが、『花火を観る』のみで、集っていました。



『花火』

というのは、大胆で、儚くて、派手で、素朴で、美しくて、愛らしくて、楽しくて、それら全てが…………

『一瞬』


その『一瞬』に『花火師』が『依頼主』の想いをデザインして打ち上げる…。


「〇〇商店 五号玉十連発〜!」

呼び出し係の声が響く!!
その他にも、

「△△小学校第5期生 四号玉〜」

「□□□建設 ☆☆☆事務所 〇〇〇葬祭…… スペシャルスターマイン」


と、それぞれの思いが打ち上がる。



「それぞれの思い…」
とは、何か…??


例えば、建設会社なら、「今年は儲かったから、去年より派手に!」
とか、


商店なら、「流行りものを楽しく!お得意さんに感謝を込めて…」とか…



なのだろうか…???


小学校の同期生は、
「後輩のわらし達が、健やかに育つよう…」とか、



なのだろうか…??


観る側は

「去年より立派だな〜」
とか、
「あやっ、今年は出さねぇのが…」
とか、

そんな話が聞こえてきそうだ…。


河原の反対側の木陰から
「シュポーン!!」と筒を駆け上がり、暗闇の空に白い螺旋を描きながら、どこまでも、どこまでも昇っていき………

やがて、大輪の花が咲く。
そして一瞬後に、「ドーン!!」と全身に響く清々しい音!!




拍手である。



見事な打上の「花火師さんへ」

花火をオーダーした「打上依頼主さんへ」

「花火」自身へ

そして、何か、その場に集う人々が幸せであるように、健やかであるように…、遠く離れた家族の誰かを想い…、そして、もっと、もっと遠い別れをした、大切な人を想って…………。


拍手するのである。



『花火』をそんな風に観た事は一度も無かった…………。



今年度の「冬の小劇場」は

『どどーん! 大曲花火物語』


屋外の醍醐味である
『花火』
を小さな小劇場でやるのである。


どんな芝居になるか…。


主演
戎本みろ
鈴木 裕樹
高橋真理子


三人芝居で三人主演!!

恒例の「全員野球」になること必須だ。


詳しくはホームページをご覧ください〜♪♪♪


「なんだ 結局宣伝だねが…」(by 為三さん!)




へばまだな〜♪♪


秋田屋の女将おまつこと高田綾でした♪