わらび座オンラインショップ

2014年4月9日水曜日

日刊「げんない」 第12号


おのおの方、わらび劇場「げんない」初日まで、あと3日じゃ~!出あえ出あえ~!!



「げんない」では56期研究生も様々なシーンで活躍します。
その6名をメッセージ付きで御紹介!!

菅 愛美(お絹 Wキャスト)
「元気200倍で みなさまをお待ちしています!!」

片村 仁彦(幻影侍)
「最年少なので フレッシュパワーを爆発させます」
 

川合田 南(お寅)
「まだ寒さの残る秋田ですが『げんない』は熱い!江戸時代に夢を追った男達のように、私も最後まで走り続けます」

白井 晴菜(お絹 Wキャスト)
「先輩達のパワーに負けないように、私もパワー全開で舞台に立ちたいと思います」

河合 厚志(幻影侍)
「2幕の浄瑠璃のシーンが見どころです。個人的には立ち回りのシーンに燃えています。精一杯頑張ります。応援してください」

佐藤 潮音(お三毛)
「1日1日大切に、想いを込めて届けます。わらび劇場に会いに来て下さい」


「げんない」が初舞台となる研究生6名を宜しくお願いします。





劇場の外では・・・


入り口に看板が取り付けられました。


写真入りの看板。クリ坊もポーさんもいます!



明日は県内のマスコミ数社も来られて、ゲネプロを行います!!


お知らせ

4月11日、秋田テレビの情報番組「スーパージャンピン」の生中継コーナーは、わらび劇場からの放送となります。
「まちをあそぶ」コーナーで、この日は芸術村のある仙北市神代地区からの中継。わらび劇場からは16:20頃の予定です。
初日を目前にした稽古の様子(明日のゲネプロも撮影)、源内役の三重野葵へのインタビューなどが紹介されます。
秋田県内の皆さま、是非ご覧ください。
 
 
 
そして、翌12日 の「げんない」初日公演では、平賀源内ゆかりの地、香川県のご好意で、讃岐うどん(生麺二食入り)が入場者全員にプレゼントされることになりました。



― 稽古場便り ―

風の又三郎

今日も暑い稽古が繰り返されていました。


そんな中でサプライズ!


バースデープレゼント!!


めっちゃ驚き、大喜びの小山雄大




音響


響のミキサー席。PCと連動しています。


こちらは「げんない」。出演者も多く、二人がかりでの音響操作になります。