わらび座オンラインショップ

2012年10月25日木曜日

恐怖の…

先日ホテルでの朝のひとこま。


朝食を食べおわり、みんなでワイワイエレベーターに乗りました。


「みなさーん何階ですかぁ?」


「私6階」「7階お願いしまーす」


とエレベーターのボタンをおしていきます。


エレベーターのボタンは「8階」まででした。


すると同乗していた葵さんが気づきます。


「このエレベーター、7階までしかないよ…」


ええっ(゜゜)


なんと振り返ると案内板には"7階"までしか記載されてないではあーりませんか。


エレベーターのボタンは「8階」

案内板は「7階」


「じゃあ8階にはなにがあるんだ(>_<)」


みんな怖いのは一緒です。

みんなで「8階」まで行きました。


この狭いエレベーターの中で、得体の知れない恐怖が渦巻き、そんな私達をよそに、エレベーターのカウントダウンが始まっています…


もはやボタンを押した「6階」「7階」には、誰も降りません(笑)


「なにか出てきたらどうしよう」

「ドアがひらいたら"きゃぁー"だったらどうする〜」

「真っ暗だったりして」


みんなの想像はとまりません。


そして運命の「8階」


そこで見たものとは!!



(゜д゜;)(゜_゜)


「あれっ?屋上の入口じゃない?」


ドアが開いたら明るく屋上のドアがひとつ。


ナーンダ☆


みんなでハラハラした朝でした(^_^)