わらび座オンラインショップ

2012年8月27日月曜日

ゴーシュ月、高山で嬉しいサプライズの巻♪

ただ今ゴーシュ月チームは北海道を満喫?、いやいや北海道を縦断しながら公演中です。
北海道の報告の前に、先日行ってきた岐阜県高山市の報告を・・・。

8月18日土曜日、この日「ゴーシュ」では初めての19時開演という夜公演でした。
昼から会場入りだったため、午前中の空いた時間に観光させてもらいました。


飛騨高山といえば、有名な観光地です。
この日は土曜日ということも合わさって、観光客で街中はごったがえしていました。
 
 

飛騨高山といえば、このキャラクターですね。
 「さるぼぼ」

「猿の赤ちゃん」という意味だそうです。
私は「さるぼぼ」は知っていたのですが、今回街中を歩いていたら発見してしまいました。
「うぼぼ」

「う」は兎。ウサギの赤ちゃんですね。
「さるぼぼ」といい「うぼぼ」といい可愛くて、見ていると自然に顔がほころびます。
高山の町並み、一軒一軒のお店もとっても素敵で、心躍る一時でした。

さて、公演会場は、高山市街から車で30分ほど走らせて一山ほど越えた所の
「久々野(くぐの)」
という地域の公民館で行われました。
公民館と言っても、立派なホールです。
ゴーシュの舞台にはぴったりな客席400ほどの会場。
高山市文化協会さんが主催してくださいました。

この日のお客さんは、親子や、おじいちゃんおばあちゃんと孫・・
という取り合わせのお客様、中学生、高校生も来てくれていました。
山に囲まれた「久々野」という地域の、一年に一度の地域の皆さんへの贈り物として、
「セロ弾きのゴーシュ」を呼んでくださったんだな・・・
って、肌で感じました。

そして本番の客席の反応がまた、温かかったです!
途中のクライマックス、音楽会のシーンが終わった所では拍手がすごい来て、
公演が終わったと勘違いされて主催者の方が影アナウンスを入れてしまった位ですから!
私たちも内心大慌て!!(笑)
そんなハプニングも、ご愛嬌!
舞台の演出だったかのように?舞台は進み、そしてカーテンコールへ。

カーテンコールでは、今回の公演を準備してくださった高山市文化協会の皆様から、思わずビックリのサプライズがありました!
なんと!あの可愛い「さるぼぼ人形」
赤青黄の3色の色違いを私たちにくださいました!
赤がゴーシュの梓紀さん、青が柴田くん、黄色のさるぼぼを私が頂き、三人とも大、大感激!!!

お見送りが終わって、文化協会の皆様と

「はい、ポーズ!」
頂いた黄色の「さるぼぼくん」、無事秋田の我が家へ到着しましたよ!

黄色は金運アップだそうです(笑)
大事にしますね!!
高山市文化協会の皆様、本当にありがとうございました!!

余談ですが、この日の終演後のロビーでのお見送りの際、小学生の姉弟らしき子達がこちらに駆け寄ってきて、
「夏休みで、おじいちゃん、おばあちゃんの居る高山に来ていて、観るの2回目なんだよ!」
と、声を掛けてくれました。
どういうことだろうと詳しく話を聞くと、
今年6月に神奈川県川崎市の某小学校で私達が公演した際に、観てくれていた子達でした。
おばあちゃんから「セロ弾きのゴーシュ、見に行く?」と誘われて一緒に観に来てくれたそうです。
孫達と一緒におばあちゃんも「楽しかったー!」と大興奮!
お孫さんと一緒に来れたこと、とても嬉しそうでこちらまで嬉しくなりました^^。

さてさて、あれから私達は海を渡り、ただ今北海道♪

つづきはまた・・