わらび座オンラインショップ

2012年5月7日月曜日

大迫力!!

アテルイ班のブログで紹介されている、大槌の虎舞を、昨日、響もみることができました。
私は、最前列でものすごい迫力に圧倒されながら、みました。
踊りはもちろん、お囃子もすごくカッコイイ!!(軽い言葉に聞こえるかもしれませんが、本当にカッコイイのです!!見入ってしまいました。)

響は、昨年4月に大槌町の避難所でも演奏させていただきました。
あの忘れられない光景・・・

虎舞の仲間、御家族の方を失った悲しみ・・・
太鼓1組残っただけで、道具は全部流されてしまった惨状・・・

そんな状況から、立ち上がり、前に向かい、力強く虎舞を復活させた皆様。
まずは自分たちを鼓舞するために踊り、それが、周りを励ましたというお話もしてくださいました。
芸能が、こんなに力を持っていると感じたのは、震災後だそうです。
おかげさまで元気にやれていますと、支援してくださる方々への感謝の気持ちで踊っていることもおっしゃっていました。

町の、そして人々の心の復興に向き合っていらっしゃる熱い想いを、虎の勇壮な舞からたくさん伝えていただいたように思います。

響は、6月に、三陸の中学校をいくつか回らせていただき、「走れメロス」を公演してきます。
岩手の中学校校長会が支援してくださり、実現します。
大槌の中学生にも、メロスの舞台を届けにいきます。

今回、虎舞からいただいた、たくさんのエネルギーをメロスにのせて、前に向かっていくエネルギーを中学生に感じてもらいたい!!と強く思っています!!