わらび座オンラインショップ

2011年5月31日火曜日

徹底掃除!

次の公演までの間、また各々色んな仕事についております。

ちなみに私の今日の仕事はわらび劇場でのお仕事。
劇場スタッフさんと一緒に働きます。

朝はまず掃除から。
昨日の強風の影響で、葉っぱと小枝がいっぱい落ちてる!!
それを片付ける所から(^_^)

「この美しい日高見の地は、私たちの手で守るのよ!」

というタキナのセリフをお借りして

「この美しいわらびの地は、私たちの手で守るのよ!」



劇場前や駐車場を、竹ぼうきでさっさっさ。
掃いたと思えば風に飛ばされ、集めたと思えば風に飛ばされ…なかなか根気のいる仕事です。



駐車場はモロシマ殿、イサシコ殿と共に掃除。
ねこ(一輪車の方言です☆)いっぱいに草、枝を積んで大満足!

本日も綺麗なわらび劇場にて、お待ちしております!

2011年5月30日月曜日

第1回、誓いのコイン ファングラフの集い

5月22日、今年初めてのファンの方との交流会がバーベキューを囲んで開かれました。

70名近くの参加で大変盛り上がりました。

まずは、役者の自己紹介から始まり、舞台とは違う普段の素朴な人柄に触れ、ファンの方々にとって益々身近に感じられたようです。

ジェスチャーゲームは、それぞれ6チームに分かれ、競いあいました。
これは小物を使うということで、昨年よりレベルアップした企画で、まさに必死の形相で競いあいました。

優勝チームには、世界に一つだけの、誓いのコインマグネット(わらび座、大道具金野作)が、プレゼントされました。

おおいに笑い、又焼き肉を食べながらファンの皆さんとの交流を深めることができました。

雨天100%がなぜか、一滴も降らず、企画は大成功に終わりましたよ。

「アテルイあるある続キジさん日記」





ご近所に住んでいるキジさん、名前を中村雉衛門さんといいます(すみません、私が付けました)
よく見るとなかなか派手なお召物です。これで彼女の気を引くんですね。
朝から一杯やったのでしょうか、真っ赤なお顔(笑)ほろ酔い気分で朝から散歩です。

2011年5月28日土曜日

戦とは無縁の…

私事ではありますが、本日仕事がお休みでしたので、「おもひでぽろぽろ」を観劇にやってまいりました。

同じ東北を舞台にした作品でも、戦々の「アテルイ」とは正反対で、日常的な中に、しとしとと心に何かが降り積もるような物語。
当たり前の日々の生活に、何かが埋まらず、田舎を訪れて、過去と未来に宝物を見つける。
戦のような激動の何かはありませんが、自分の日常に照らし合わせて、ふわっと包み込まれるような温かさに触れる…そんな作品だなって思います。
心臓をがしっとわしづかみされる感じじゃなくて、じんわり染められていく。

とても素敵な作品です( ̄∀ ̄*)

自分の心情によって見え方が違うような気がするので、1年間の間に何度も見に来たいなと思っています!

そして、何より元共演者様、先輩、後輩と仲間が頑張っている姿は凄く励みになります!



「アテルイ」班も来月から全国津々浦々と長いツアー生活が始まります。

「おもひでぽろぽろ」の皆様も秋田での常設公演、怪我に気をつけて頑張ってくださいね☆

今年もお世話になりました

響は、関西コース真っ最中。

昨日は、京都市内の高校さん。去年もブログに書いたのですが、毎年毎年、響を呼んでくださる学校で、(一年生だけの鑑賞なので、同じ作品でも呼んでくださるのです。)今回なんと8回目!!
会場は、近くの結婚式場にも使われているホール。絨毯敷で、シャンデリアがついていて、豪華な雰囲気です。
そして、楽屋はカラオケルームという、珍しい環境です!学校さんだけでなく、会場の方にも毎年本当にお世話になっていて、ただいま〜という気持ちになります。

おとなしい生徒さんたちですが、あたたかい笑顔でみてくれて、うれしく思いました。


そして今日は、こちらも毎年のようにお世話になっている太鼓サークルさんへのワークショップ。
太鼓サークル立ち上げ前から関わって、もう5年!
1年に1回くらいしか会えないので、こどもたちの成長していく姿が本当にうれしく感じます。
今日はダイちゃん先生の、太鼓基本講座!
上手になっていく子どもたちに、さらにレベルアップしてもらおうと、筋力アップも兼ねた基本練習をしました。

また会う時には、きっとさらにパワーアップしているんだろうな♪と、とても楽しみになる練習会でした!

まだまだ続く関西コース、がんばります☆

「アテルイあるある続田沢湖日記」






先日の「田沢湖劇場」様々なシーンがありましたので、今日もその一端をどうぞ。
一昨夜は震度4の直下型地震がありました。棚の物が落ちたりしました、不安が募ります。
自然は時には恐ろしく、時には美しい、なんとか共生していきたいものです。

2011年5月26日木曜日

「アテルイあるある久々田沢湖日記」





およそ半年ぶりに田沢湖へ行って来ました。
この時期「日の出」時間は4:30頃、日の出前の写真を撮るために3:30出発です。
田沢湖、秋田駒、乳頭山、太陽、雲、霧、木々、辰子像、役者も出そろって、
素晴らしい「田沢湖劇場」でした。

2011年5月25日水曜日

出陣じゃ!

さあ!
今日は盛岡学校公演です!

約1週間ぶりの公演…

怪我に気をつけよう!



写真はバスに乗り込むモレ殿ヒラテ殿でございます!

いざ!出陣じゃ!

2011年5月24日火曜日

響のみんなと合流(*^^*)

お久しぶりです!響班 照明の日下(くさか)です。

今年度になって一昨日まで『おもひでぽろぽろ』のピンスポットをやったり、『セロ弾きのゴーシュ』をやったりで、響のみんなと別行動でした。


昨日の前日仕込みで、会場の状況に合わせて皆で いろいろ案を出して仕込みをして、今日は公演して、ばらして。。。

役者5人とスタッフ2人。
大型班より それぞれの関係が密な気がします。役者さんと一緒に仕込むのは変わらないけど、案を出しながらやるのは響が一番濃いかも。


久しぶりに体も動かして、お弁当も食べて、ALIVE公演もあと2ヶ月!これから暑くなってくるので体力勝負ですが、頑張っていきますか!
(o`∀´o)

「アテルイあるあるキジさん日記」





我が家のご近所にキジさんが住んでいます。
「ケーンケーン」というお声は聞いていたのですが、先日そのお姿を拝見できました。
お隣さんの畑を悠々とお散歩です。部屋の窓から撮りました。
ミュージカル「桃太郎」上演の際には、是非出演してもらいましょう。

2011年5月23日月曜日

九州上陸!!

さてさて、ついに九州に上陸したゴーシュ月班。九州福岡県にいますp(^-^)q

駒野谷咲子さんことコマちゃんは、初九州。そして笹岡文雄さんこと笹やんは、福岡県が出身。

移動中、笹やんにインタビュー!



☆1
泉『ツアーで一番楽しみなことは何ですか??』

笹やん『やっぱり子どもたちの笑顔かな…全国の子どもたちが舞台をみて、沢山想像力を働かせて笑ったりおこったりしてくれる。わらび座の舞台の意味を実感できるね。』

泉『…お———…』

笹やん『なぁ~んて、カッコイイこといっちゃったかな??照』

泉『趣味はなんですか??』

笹やん『温泉!』

泉『じゃあ九州で温泉巡りできますね。』

笹やん『そうそうそれも楽しみだねー。』

泉『どっちが楽しみですか??』

笹やん『温…子どもたちの笑顔に決まってるだろ!!』

しっかりボケてくれる大先輩でございます(^∀^)<笑


福岡県行橋市での公演は、6月3日まで。
先週金曜日までで2校の小学校をまわりました。
子どもたちは元気はもちろん、なんといってものびのびしている印象を受けました。

周りを囲む山々、透明な空、そして笑顔で接してくれる地元の方々。



いろんなエネルギーをいただいて、ゴーシュ月班は福岡での公演をしています(*^_^*)

各々の仕事へ

先日の矢巾公演から、明後日の盛岡公演までちょっと間があったので、各々別れて色んな仕事をしておりました。

劇場で営業をしたり、「おもひでぽろぽろ」公演の受付をしたり、宴会のアトラクションをしたり、踊り教室をしたり、秋田出身の人は地元で営業まわりをしたり…。

また、今月末は、岩手への復興支援歌舞小公演を予定しているので、それの稽古もしました。

たまに何人か仕事で集まる機会もありましたが、明日は久しぶりに全員集合で前日仕込みです。
盛岡での学校公演でございます。

荷造りをしなくては!!

2011年5月22日日曜日

ブログ開始☆

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

新緑も芽生え、わらび座の周りの田畑では、農家の方々が『たんぼ』や『はたけ』の農作業を始めています。

それと一緒に、わらび劇場では、『アテルイ』からバトンタッチされ、『おもひでぽろぽろ』がスタートしました。

この度、この『おもひでぽろぽろ』チームのブログを担当することになりました、ヤエコ役の小林すずです。どうぞよろしくお願いします。

銀河劇場公演では沢山の方々がご覧になり、そして東日本大震災の募金も沢山の方々にご協力していただきました。

本当にありがとうございました!!

募金活動のご報告はこちら

わらび劇場公演も、元気に公演していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

それでは次回のブログをお楽しみに~☆

2011年5月21日土曜日

陸前高田復興支援公演

先日アテルイ班数名で、岩手県陸前高田市に、復興支援公演に行ってまいりました。

今日はその時のメンバーの一人、塚越光くんにその日の公演レポートを書いてもらいました。

----

アテルイ班の塚越です。
今日は全国公演初日から時を少しさかのぼり、先週の出来事についてです。
去る5月13日、アテルイ班から数人が津波被害の大きかった岩手県沿岸部の陸前高田にある避難所へ復興支援公演と炊き出しの手伝いに行って参りました。メンバーは戎本、宮本、山口、客演の山本さんと、私、塚越です。

当日は朝7時に村を出発。よく晴れた風の強い日でした。
炊き出しを行う角館商工会青年部の皆さんと近くで合流し、車で走ること3時間半。突如飛び込んできた光景に一同息をのみました。
青空の下、未だ水を多く含んだ土と季節外れの剥げた木々。
左を見れば青々とした山といくつかの農家が、右を向けば黒々とした土壌がむき出しになり、折れた木々が葉も落として重なり合っている。
丁度私たちの走る道路が津波到達の境界線でした。

目的地の陸前高田第一中学校に到着。学生たちが校舎で授業を受けているすぐ横、校庭にはぎっしりと仮設住宅ができていました。

まずは炊き出しの準備です。
牛丼を400食。炊き立てのご飯に大きな鍋から具を乗せて、卵と紅しょうがをトッピング。全てが冷めないうちに急いで待っている方たちの所へ届けます。

全員分を配り終えた後、一同が避難所の体育館に挨拶に行くと、皆さん「ありがとう」「おいしかったよ」という言葉と拍手で迎えて下さいました。
炊き出しのテントに戻ると、商工会の皆さんは目を赤くしながら、さらなる笑顔でおかわりに来た方々に牛丼を振舞っていました。
ようやく実現した今回の炊き出し。人と人との交流の中で復興に向けた新たなエネルギーが生まれたようでした。

わらび座メンバーは午後一番にアトラクションを。
ステージ上で生活している方々もいましたが、公演の際には快く場所を空けて下さり、前からお子さんとニコニコとこちらを見ていて下さいました。
いくつかの歌舞を披露し、最後にはわらび座が学生への踊り指導後に必ずみんなで歌う『輝け君の命』という歌を歌いました。
この歌には手話がついていて、体育館の皆さんにも覚えて頂きました。手話だけでなく、一緒に一生懸命歌って下さる方も多く、嬉しかったです。

この避難所は高台の上にあり、公演の終わった後、校庭奥の林の向こう側へ案内して頂きました。街の中心部と海岸線を一望できる場所です。

言葉になりませんでした。今の私では祈ることしかできませんでした。眼下に広がる街1つ分のガレキの山。それは自然物も人工物も乱れて積みあがっていて、"ガレキ"としか呼べず、砂埃の舞う中で撤去作業が進められていました。
「ようやく道路が整備できて復興作業ができるようになった。でもまだ、生まれ育ったこの街でこの私たちが道に迷うんです。」と、お話を伺いました。「ここを登って逃げてきた。」と指さされた先は、足元の、枝葉や草が絡み合って先の見えない、歩けるとは到底思えない崖でした。「津波の音に追われて後ろも見れずに山を登っていると、視界の端の道路ではガレキと水が自分より先に坂を上がっていく。とにかく夢中で走った。」とも。

そんな中でも静かに目に映る海や山は綺麗でした。
街の所々で元気に泳ぎまわる時期遅れの鯉のぼりは、市民の希望と安らぎかもしれない。そして、高台からの景色の真ん中に悠然とそびえる奇跡の松。ど根性松。テレビの報道でもよく目にした、塩害にさらされる、そのたった1本の松。
本当に大きく、よく見えるんです。枯らしてはならない、倒してはならないということが言葉ではなく心で理解できました。

力仕事でも何でもすると避難所に飛んできて、旨い飯をつくってくれと言われ、ずっと食事をつくり続けているコックさん。
太鼓を出すなり、私たちの搬入作業を手伝うと言ってくれたおじいさん。
小さい子どもたちと一緒に遊び、笑顔を絶やさない大阪県警のお兄さん。(よく子どもたちの指でつくった銃に撃たれているそうです。板についていました。)
避難所ではみんなが自分のできることを探し、また、発見して動いていました。
私たちはわらび座の役者として、そんな皆さんに勇気をもらって帰路につきました。

ミュージカル『アテルイ』。
自然の美しさも恐ろしさも、人の夢も希望も目一杯詰め込んで上演できればと思います。今日も僕らにできることを。

月末にはさらに人数を増やして釜石と山田町に支援公演に行ってきます。

「アテルイあるある夢桜日記」





これ「桜」だと思うんですが(なんせ花の名前が分からない・・・笑)
凄いんですよ、一本の木に「赤」「白」「ピンク」の花が一度に咲いています。
ほとんどの「桜」が終了している中で、今満開です。
あまり綺麗なので、自分で「夢桜」と命名しました。
我が舞台もこうありたい、「夢舞台」です。

2011年5月20日金曜日

「アテルイあるある百花繚乱日記」





芸術村周辺は花盛りです。花の名前には疎い私ですが、それでも「桜」「梅」「水仙」「チューリップ」「ツツジ」「木蓮」「姫リンゴ」「山吹」「芝桜」「菜の花」「タンポポ」「石楠花」と、こんなに分かります(百花には遠く及びませんが…笑)
これが全部咲いているんですよ〜。
そして今回紹介するのが「黄桜」です。芸術村の近くのスキー場に咲いています。
山の方なので、少し遅めに咲き始めます。楚々と咲いている姿がステキです。

2011年5月19日木曜日

「アテルイあるあるツアー初日!日記」





昨日は岩手県矢巾町の中学校2回公演でした。
「アテルイ」地元(岩手県)公演ということもあって、とっても良く観てくれました。
一般公演並みの拍手にも驚きました。
どんな困難にも立ち向かっていく「アテルイ」の心は、君たち矢巾町の中学生諸君!の中にきっと生きているんだね。嬉しい嬉しい公演でした。
写真は矢巾町田園ホール前から撮った、朝と夕方の「岩手山」!

2011年5月18日水曜日

出発!

「稲穂堂物語」を無事終え、昨日、一昨日はALIVEの世界に戻るため、稽古をしました。

昨日の通し稽古には、劇場チームのメンバー数名や、研究生のみなさんが駆けつけてくださり、拍手や手拍子で稽古を盛り上げてくれました!元気もらいました~嬉しかったです♪

実は、3月11日、あの震災の日以来、初めてのALIVEでした。
今までと同じ曲、同じ台詞・・・
でも込めたいことが、ぐっと増えました。

ALIVEの作品をもって、また学校を廻れることに、感謝しながら、私たちの「音」を精一杯届けて廻りたいと思います。

今日は快晴!
青空と青い海と、田植えが始まった光る田んぼをみながら、上越まで移動してきました。


明日は大阪入り!関西コースがスタートします!!

ツアー初日

本日岩手県矢巾町にて全国ツアー初日です!
早速2回公演でございます( ̄∀ ̄)



>

すっきり朝起きれた!!
さぁ!頑張っていきまっしょい!

2011年5月17日火曜日

☆えっちらおっちら☆

初日を迎えたゴーシュ月チーム!!

私たちは今、九州に向かっております♪

5月4日、5日は小劇場で一般公演を致しました♪
ミュージカル『セロ弾きのゴーシュ』は学校公演が多いので、一般公演は指で数えるほど。
4日は満席。5日も沢山のお客様が来てくださいました◎本当にありがとうございます(*^_^*)

さて、その公演で一際輝いていました、この方!!
小劇場公演をご覧になった方はご存知でしょう(^.^)
後ろ姿が可愛らしいですね~◎



モリン、カッコウ、子狸、母ねずみを演じました駒野谷 咲子こと、コマちゃんです♪♪♪

秋田生まれ秋田育ち、去年はチーム結という班で様々な小公演や、イベント、踊り教室のインストラクターなどの仕事で大活躍していました!!

また、去年のわらび劇場上演作品『山神さまのおくりもの』にも出演しておりました(^O^)

そんなコマちゃん、なんと、ゴーシュ公演が初めての全国公演です◎

全国公演に行くチームは舞台関係すべての荷物を車に積み、全国各地を移動します。公演会場に着くと、車から舞台に使う音響、照明機材、大道具を全ておろし、設置し上演します。
いつも見慣れた体育館、ホールがあっという間にいつもとは別世界の舞台になるのが全国公演の面白いところp(^-^)q

初の全国ツアーのコマちゃんを興奮させたのが、高速道路のサービスエリア!!
いろんなお店が並び、充実した品揃え☆



いい笑顔ですね~♪

今日は静岡から岡山まで移動します。

富士山に感動、霧や雨に混乱しながらもえっちらおっちら九州まで、安全運転でゴーッ(。・_・。)ノ…シュ なんつって♪

「蝦夷が行く!」始動!

お待たせしました!

本日!いよいよアテルイ班全国ツアースタートです!

ブログも、「わらび劇場の楽屋から」から「蝦夷が行く!」になりました!あなたの街に蝦夷が行く!と言う事でこのタイトルにしました( ̄∀ ̄)ちなみに蝦夷だけでなく田村磨呂も行きますのでご安心を(笑)

今日はまず岩手県矢巾町に向かっております。
明日早速2回公演なので、前日仕込みなのであります。

「アテルイ2011」初ツアーに向けて、昨日は鋭気を養うために、アテルイBBQパーティーをしました。





驚くなかれ、何やら戦場カメラマンっぽい人がゲストで来ていたようです(笑)



田村磨呂の淋しい1シーンも激写(笑)
遠くに一人…



しっかり力も蓄えたし、明日の公演頑張るぞ!!

「アテルイあるあるいよいよ日記」





いよいよ明日は岩手県矢巾町の中学校公演です。
わらび劇場で岩手や宮城の中学生に観てもらったことはありましたが、ツアーでは初めてです。どんな反応になるのかとっても楽しみです。
さて、芸術村周辺は桜は一段落しましたが、様々な花が咲き乱れています。
まさに「百花繚乱」プラス「おもひでぽろぽろ」で是非芸術村へ!

2011年5月15日日曜日

稲穂堂物語!ありがとうございました

昨日、秋田信用金庫様の主催で行われた、東日本大震災復興支援公演「稲穂堂物語-がんばろう東北 あなたと生きる街」。
おかげさまで、たくさんのお客様に喜んでいただくことができました。

信金さん職員、智弘役(鈴木裕樹くん)が登場すると、大きな拍手!
秋田信金さんが、100年もの間、頑張ってこられ、地域に深く根付いていらっしゃることが客席から伝わってくる気がしました。
色々な場面で笑いがおこったり、拍手をしてくださったり、涙をふいてくださる方がいらしたり・・・
熱い客席に支えていただき、私たちも舞台を精一杯やりきることができました。
本当にありがとうございました。

秋田信金さんはじめ、お世話になったすべての皆様に感謝の気持ちをこめて・・・
それからこの公演を観ることができなかった方に少しでもお伝えしたいので・・・
主人公の梢が物語の最後に歌った「ここで生きる」の歌詞をお届けいたします。

作詞は、脚本を書いた栗城宏さん、作曲は飯島優さんです。
・・・私自身、とっても好きな歌です!!


「ここで生きる」

はじめて 知った
人と人の つながりが
生きる力に なるってこと
私も誰かの 役に立ちたい

もう逃げない
もう迷わない
私の生きる道が
目の前にあるから
私もこの街で
このふるさとで
生きていきたい
ここで夢をかなえたい





終演後、信金の皆様と、わらび座の役者での、復興支援募金のよびかけにも、多くの方々がご協力くださいました。本当にありがとうございました。

2011年5月12日木曜日

明後日!!

いよいよ明後日に迫った、「稲穂堂物語」公演。
今日は、サウンドチェックや、舞台転換の稽古や、明かり合わせなど…、テクニカルリハーサルでした。

こちらの写真は、演奏台から写したものです。


和菓子屋さんのお話なのに、写っているのはパティシエたち…?!
さて、どんな物語か、お楽しみにしてください♪

そしてもう一枚、とっておきです!
こちらのかわいいおばあちゃん、誰が変身しているかわかりますか?

はい、アトムの、神楽坂先生が大変身です!
主役2人の歌はもちろんですが、おばあちゃんの歌も聞きごたえありです☆



皆様、お楽しみに☆

2011年5月11日水曜日

ホール入りしました!

秋田信用金庫さん主催の特別公演「稲穂堂物語」。
今日から、本番の会場である、秋田市文化会館さんでの、仕込みと最終稽古に突入です!

稽古場では姿を現さなかったセット類が組まれ、幕もつられ、照明機材もたくさん仕込まれ、音響さんもアトムと響の機材を組み合わせながら、広いホール用に音作り・・・
いよいよです!!ドキドキしながらの仕込みでした。


響の演奏スペースも、こんな風に豪華に仕込まれました♪
明日は音あわせや、明かりを入れての稽古が始まります。
本番まで、あとわずかしかありません!!
集中して、ラストスパートです!!


皆様、14日、16時からです。
お近くの方、いえいえ遠くの方も・・・お誘いあわせてぜひいらしてくださいね☆
お待ちしております。

2011年5月10日火曜日

「アテルイあるある角館の桜日記」





客商売のくせに人が多いのが苦手!(ゆっくり写真を撮れないからです)
ので、毎年100万人もの人が繰り出す「角館の桜」には何年も行っていませんでした。
が、今年はGWが終わってもまだ咲いているというので行って来ました。
いや〜さすがは「角館」桜の王道がそこにはありました。
いいっすなぁ!角館のさくら!

2011年5月8日日曜日

アトムと響で「稲穂堂物語」

こんにちは。Dr.スーラの岡村雄三です。


アトム班のブログをご無沙汰しておりました。
楽しみにされていた皆様、すみません…。

さて、2011年は新メンバーで公演中の「アトム」。
4月よりさらにタケ(柴田雄)&エミ(末武あすなろ)がチェンジしました。



アトム班は、実は今、二足のわらじで頑張っています。
それはというと…

ミュージカル「稲穂堂物語」

響のブログでも紹介されていますが、もともとこの作品は秋田信用金庫さんの100周年を記念してわらび座へご依頼いただいたものです。
しかし、大震災をうけ、「東北の復興を願い、共にがんばろう!」という秋田信金さんの決断により、4月の公演を延期し、5月14日にお祝い事業ではなく復興支援公演として上演することとなりました。

「稲穂堂物語」は、秋田の和菓子屋のお話。
和菓子屋である実家の経営を立て直すため、一人娘の梢が奮闘する。
梢は世界一のパティシエになるのが夢だったが、いやいやながらも和菓子屋で働くうちに街の人が喜んでくれるお菓子は何だろう?と考え始める。
悩む梢に、秋田信金に勤める同級生の智弘が、親身になって励ますという、人と人とのつながりを描いた作品です。

私は、ベテラン菓子職人・利一を演じます。
さらに、なんと!
この作品の演出も手掛けているんです!!もう大変、大変。



それでも、秋田信金さんと東北の皆さんのために感動をお届けしたい!
メンバー全員が一つとなって、頑張っています。

アトム班と響メンバーによる「稲穂堂物語」は、5月14日の公演!
現在、仕上げの稽古に突入中です。
乞うご期待!

●東日本大震災復興支援公演
ミュージカル 稲穂堂物語 ―がんばろう東北 あなたと生きる街―
5月14日(土)開場15:00  開演16:00 /秋田市文化会館大ホール
入場無料!<先着1,000名 整理券なし>
【お問い合わせ】
主催/秋田信用金庫 広報担当 TEL:018-866-6171

2011年5月7日土曜日

たったひとつ!

“かけがえのないたからものを見つけよう”

この言葉をきっかけに始まったチーム「ゴーシュ」…。

とうとう4月28日に横浜で初日を迎えました!

前日に、セット、音響、照明を仕込み、歌や踊りのナンバーを最終チェック。



そして28日。会場の窓から入ってくる太陽の光が本当にきれいでした。

ミュージカル「セロ弾きのゴーシュ」の歌の歌詞に

「陽の光がまるで奇跡のように」

という言葉がありまして…その言葉を思い出す光景でした(^O^)

子ども達は元気いっぱい!
私達も元気いっぱい!の公演でした◎


GWには、たざわこ芸術村の小劇場で公演。
ご来場ありがとうございました!