わらび座オンラインショップ

2011年7月11日月曜日

また来るよ!九州!!





九州ツアー終了ー!!

約1週間の滞在…あっという間でありました(T_T)

昨日は、九州ツアー・ラスト、宮崎県は新富町での公演でした。
新富町は、「龍馬」「カンアミ伝」と続いて3年目の公演です。
昨年は7月に「カンアミ伝」の公演を予定していたんですが、口蹄疫問題のため泣く泣く延期に…。
その後も鶏インフルエンザや、新燃岳の噴火と、宮崎県民の方々には大変苦労の年となった事と思います。
延期した「カンアミ伝」の公演を2月に改めて実施しようとした少し前に、新燃岳の噴火…。
直前まで公演の有無が危ぶまれましたが、「頑張れ宮崎!」を合言葉に公演を決行し、たくさんのお客様がいらしてくださったそうです。

そして、そんな公演から約半年経った昨日、元カンアミ伝メンバーにとっては「久しぶり、懐かしい」というより「つい最近来た」という印象の方が強かったようです。
半年前には一面火山灰で灰色だったのに、今は緑がとても美しく、海の青さが眩しく、自然の綺麗な宮崎でした。

「アテルイ」公演では、お客様からとても熱い反応が返ってきました。
太鼓の合間合間に大きな拍手を下さったり、カーテンコールでは声援もあがっていました。

お見送りでは「カンアミ伝を見て、とても感動したから今日も見に来たのよ」とおっしゃてくださる方々がたくさんいらっしゃいました。
涙を浮かべてる方や眩しい笑顔の方がいっぱい!
「感動」という言葉を何度もいただけて、本当に嬉しくなりました。
一つの公演から次の作品へ。また改めて新富町との繋がりを強めれた公演になったんではないかと思います。

人間は、自然に逆らう事は出来ず、火山の噴火や、3月の大震災のような事が起こる度に、自然に生かされている事を改めて痛感します。自然の中で人間は本当にちっぽけな生き物なのでしょうね。
生活する事すら困難になる時もあるけど、こうして私達の仕事を通して辛さを分かち合ったり、少しでも笑顔を取り戻す事が出来たら最高の幸せです。

一期一会。

本当に毎日素敵な出会いを経験させていただいています。
もしかしたらもう会えない方もいるのかもしれないけど、別れがあるから出会いがある。

「アテルイ」を見に来てくださったおばあちゃんが、がっちりと握手をして
「また新富町に来てね!いくつになっても私も元気に見に来るから!待ってるから!」
と話してくださいました。

秋田からこんなに離れた地に、私達が来るのを楽しみに待っていてくれてる人がいる。
こんなに嬉しい事はありません。

この仕事をしている喜びをしっかりと噛み締め、一時九州にお別れを告げたいと思います!