わらび座オンラインショップ

2011年1月23日日曜日

佐藤貞子フェスティバル!



本日行われた、佐藤貞子フェスティバル「貞子の心、ふたたび」。

2階席の後ろまでぎっしりのお客様の、ものすごい熱気につつまれた、盛大な会となりました!
(すみません・・・写真が撮れませんでした・・・)

貞子を、お芝居で演じていらした、浅利香津代さんの講演は、本当に貞子さんの魅力がたくさん伝わってくる、素敵なお話でした。情熱的なお話、もっともっと聞いていたかったです。

芸能発表がまたとてもとても素晴らしかったです。
こんなにたくさんの素敵な民謡が残り、それを唄い継ぐ方々・踊り継ぐ方々がいらっしゃる、この仙北という地域!その魅力が一堂に会した貴重な時間!
私たちは出演もあったので、ゆっくり聞くことができなかったのが残念でしたが、舞台袖で、聞きほれたり、見とれたりしながら出番をまちました。

貞子さんの心がよみがえっただけでなく、貞子さんの代表的な踊りの「秋田音頭だんまり踊り」が、今日、高校生・大学生によりよみがえりました。
貞子さんから直接習った方が、今も踊りのお師匠さんで、今回のために若い世代に受け継いだとのこと・・・感激です。ストーリー性のある、惹きつけられる踊りでした。

ラストを飾った、高校生の飾山囃子同好会の迫力の演奏には、アンコールの声も!
会場が一体となって盛り上がりました!

今回のフェスティバルを機に今まで以上に貞子さんの魅力がひろく伝わって、そして引き継がれていくことでしょう。

私たち響も、私たちなりの形で、秋田・仙北の魅力をこれからもっと伝えていけるよう精進したいと強く感じた一日でした!!