わらび座オンラインショップ

2010年12月8日水曜日

九州コース終了☆

アトムチームは、九州コースに突入し、今日でおしまいです。

はやっ(゜.゜)

このコースは福岡県大牟田市からはじまりました。

その日はなんと、バケツをひっくり返したような大雨と突風が吹き荒れ、台風がきたか!と思うようなお天気でした。

次の日の福津市も、朝の搬入から、またまた突風が吹き荒れていました。

トラックを搬入口につけ、セットや機材を運ぶとき、皆の髪の毛は風に激しくなびいて、斜めになり、平台(簡単にいうと厚い板)を運ぶと『うわぁ〜』と、風に流され、飛びそうになります。


そんな中ついた名前が…


『嵐の中の私たち☆』


『あははは!面白い、いい名前だ』と楽屋でもりあがり、セッティングをしようと、チームの「組み立て式ハンガーラック」をころころ動かした瞬間、


ガラガラがっしゃーん!


とハンガーラックが真っ二つに分解し、


『もう、ちょっとやめてよ!やっぱり嵐の中の私たちだわ、あははは!』


と大爆笑し、ハンガーラックを直そうとした瞬間…

#*&%¥§@☆!!w(゜o゜)w

見事にバラバラになりました。

嵐な私たち(^_^;)

※もちろん、ちゃんと組み立て直し、本番中衣裳をかけて使いましたm(__)m

しかし、本番中の舞台は嵐はおこらず、無事下関市、南島原市、他福岡の学校公演と公演してきました。


下関市はミュージカル『つばめ』以来8年ぶり、南島原市は4年連続でわらび座をとりあげて下さいました。

年月が過ぎても繋がっているってステキですね。


やはりお子さんが多くて、目をキラキラさせて帰っていきました。


それと、お見送りをしていたロビーの隣の図書館から、子どもたちが『なんだろ、なんだろ』と、みな並んで、入口からこぞって顔をだし、興味津々にのぞいていました。

「アトム」って本当に子どもたちをひきつける何かがある…


お見送りでも、子どもたちがわぁーっと集まってきて、手をふって握手のあらしです。(*^-^)o"o(^o^)ノ

そんなとき『よかった…』と安心感があるんですよね。


またたくさんの子どもたちに出会えるといいなあ☆

明日は移動して、次の日は静岡県菊川市の学校で公演です。