わらび座オンラインショップ

2010年12月2日木曜日

九州公演終了!

お久しぶりです。 組合長 つよしです。
 さて、九州での公演終了致しました! って言っても又、12月の末に行くんですけどね!えへへへ・・・


 では、さっそく九州を振り返ってみましょう。


 で、その前に一言! 長ーい!本当に長ーい! 今回のツアーは! 10月4日の関東から始まって、九州へそれから関西へ行って今回の11月14日から再び九州です。で、これでツアー終了かと思うでしょう、でも終らな〜い!明日から関西の公演をして6日から岐阜。そして千葉へ。その後9日に福島、10日に岩手県とどんどん北上して行って10日の公演が終わってやっと秋田に帰るのでございます!


 長くなりました。早速、九州振り返ってみましょう。


 11月14日に関西から九州は福岡県田川市に再上陸!それから色々と廻りました。長崎、佐賀、福岡、鹿児島、宮崎、鹿児島、宮崎、長崎と30日まで13stと2カ所の小公演。ギュット!ギュウット!パンパンに公演の詰まった日々でした。


 まづは大村市。ここは江戸時代にキリスト教徒の少年達がヨーロッパへと旅をした使節団の土地柄です。 会場の目の前にそれを記念したモニュメントがありました。
 青空に、地球儀を頂いた建物がすっくと建っていました。

 14日からの公演は5連続。 最後の福岡の学校は2階の体育館! ロートルの組合長は5回連続公演でへばり気味・・・ 移動の車の中でも口数が少なめに・・・ そこに、こつ然と現れたのが鵬君のお友達でした。 涙がでました。なんでって?そりゃもう嬉しくて、嬉しくて・・・片付けはお友達プラス学生さん達! 本当に助かりました。


 そして、鹿児島へ!
 鹿児島ではアチコさん書いてましたねエ! そうです釣り!!!!! やってまいりました! 釣り!!!!!!! ホット一息の休日に釣りをいたしました。 ツアー中ですので、ホテルで魚をさばく訳にもいきませんので、釣れたお魚さん達はみんなリリースです。



 釣り場から見た桜島の側に浮かぶ月と月光を映す海の絵です。
 
 さらに同じ場所から撮った海に浮かぶ月です。時間の経過と共に色彩ががらっと変わりますね。
 水面にユラユラと揺れる月影はとっても幻想的! 
 響1の時にやっていた曲で “月星”と言う曲があったのですが、それを思い出してしまった。
 水面に浮かんだ月をすくうとサラサラと手の平から溢れて行ってしまう。手の平から溢れて行った月のように、思い出はどこへ行ってしまうんだろう。 そんな歌です。


 こうして、感傷に浸った次の日、学校の合併で1年生は新設校の生徒。2、3年生は閉校する学校の生徒。
 そして閉校する学校の校舎を新設の学校の生徒さんも一緒に使っているというちょっと複雑な状況にある学校での公演。
 1年生の学校名と2、3年生の学校名が違うんです。でその生徒さん達が一緒に僕たちの舞台を観てくれるんだけど学校名が違うのでちょっと気を使いました。
 所が、所が素晴らしい感想を書いてくれる生徒達で組合長感動ですっ!


 所で、このツアー中に以前、九州の営業活動に従事していた事のあるうちの歌姫 杏さんのお知り合いのかたのレストランにお邪魔する機会が2回ありました。


 上は鹿児島の潮音館と、下は長崎の東彼杵(ひがしそのぎ)の風水庵です。どちらのレストランも公演の後にお邪魔しましたので、ゆっくりと過ごす事は出来ませんでしたが料理のうまい事うまい事!
 風水庵ではご主人が新潟での地震の後に魚沼の方にコンサートに行ってその時に見た八海山に感銘を受けて創った “八海山” という詩を吟じて下さいました。 新潟生まれの組合長は地震のときの事を思い出し感涙にむせんでしまいました。なんてったって私の家族は新潟と兵庫県。どちらもマグニチュード7クラスの地震を体験している土地柄! 阪神淡路大震災の時には私の嫁の家族が、そして新潟の時は私の従兄弟が大変な目にあっておりまして人事ではない訳です。 本当に2つの地震の事、思い出しました!

 さあ、いよいよ宮崎です。新型インフルエンザや口蹄疫の影響で公演が延期になっていた宮崎にやっと来る事が出来ました。
 写真は日向灘を見下ろす道の駅からの絶景です。晴れていてこの日はとても気持ちがよかった!
 

 
 大輔君も書いてくれましたが、わらび座ととっても関係の深い延岡の虎屋というお菓子屋さん。名物は破れまんじゅう。
 写真のお言葉はご主人が好んで使っておられるらしいお言葉!
 皆さん!心してお読み下さいね。
 一度、挫折した方が人は深みが益して美しくなっていく。同じようにまんじゅうも破れた方が美味しくなっていくんだよと!
 なんでや!と思わずに一度食べてみて下さい。ネットでの販売もしてますよ! 組合長もお土産に破れまんじゅうゲットですうっ!



 さて、延岡では虎屋さん主催の公演の他に、北浦という所と、海を渡って島ノ浦というところに行って虎舞のご披露をしてきました。
 船の上でポーズを取る響の音響さん決まってます。よっ日本一!


 
 この写真は北浦という所にあった石碑。 中学校の前に置かれているのですが彫られている言葉に組合長グッと来てしまいました。
                    
                  一生北浦人であれ
 
 良い言葉ですよ! 生まれた土地を愛し、父母を愛し そしてこの土地で生きて行こう! そんな気持ちがビンビン伝わってきます。 
 仕事もなく生きたくても自分が生まれた土地で生きて行く事の出来ない人が今は沢山いると思います。 土地を離れても “一生北浦人であれ” この言葉を忘れずに北浦人ではないけれど組合長も生きて行きます!!!!!!!  (実はわらび座のある土地は秋田県では北浦地方と呼ばれているんです!僕も北浦人?)


 こうして、宮崎を離れ11月の九州最後の公演地 長崎に来たのでございます。
 長崎では東彼杵と大村の2カ所の公演。最後の大村も2階の体育館! ヒエー!!!!!っと思ったのですが、ここも生徒さんが朝から手伝ってくれて組合長おおいに助かる!勿論、組合長以外のメンバーもおおいに助かる!
 本当にありがとうね!


 こうして九州の公演はとりあえず終わりを告げたのであるううううう!


 年内にもう一度行きますけど本当に充実した11月の九州でした!
 ありがとう! 九州! そして ありがとう! 又来るぜ!