わらび座オンラインショップ

2010年8月7日土曜日

アズリ☆

アトムチームの前半戦の後半戦もいよいよおおづめです。



前半戦の後半戦?

なんかへんな日本語にナッテシマイマシタ…

それはともかく

このアンサンブルでやるのも残りあと2ステージ。

アズリ役の柳瀬亮輔さんが8月8日で千秋楽なんです。



爽やかな優しい笑顔の亮輔さんのアズリも見納めです…

はぁ…

ということで、亮輔さんにいろいろインタビューをしてみたいと思います☆

その名も『ウメちゃんの部屋』

ルールルっ♪ルルル♪ルールルっ♪

ウメ 『どうもこんにちは、神楽坂ウメでございます。本日のゲストは柳瀬亮輔さんです。』
亮輔さん 『この番組に出るのが夢でした。どうぞよろしくお願いします。』

ウメ 『アズリをやってみてどうでしたか?』
亮輔さん 『大切な役ですが、出番が少ないので、いかに強い印象を残すかというのが課題でした。物静かな台詞回しとアツいハート。そして歌の節回しなどに工夫していました。』

ウメ 『わらび座の全国ツアーで楽しかった思い出はありますか?』
亮輔さん 『わらび座のみんなは慣れてしまっているようですが、バス移動は楽しいですね。遠足みたいで。"たまにしか乗らないからだ"という声が聞こえてきますが…。あと仕込み前の準備体操(時間の都合でカットされてしまい残念でした)。次の日の公演がない時の部屋飲み。海近くの宿の時の釣り強行。毎回変わる楽屋や鏡前のバランス。スタッフさんも(もちろん)含めて、大好きなカンパニーでした。』

ウメ 『大変だったことは?』
亮輔さん 『仕込み。バラシ。終演後のバス移動。でもとても気を使ってもらっていたので、基本的にはあまりないです。あ、1つありました。数日あいてからの本番は、喉の調子が読みづらい。あ。もう一つありました!』

ウメ 『それはなんでしょう?』
亮輔さん 『トキオ役の三重野葵君がおもいっきり歌詞をまちがえてしまった日があって、でもなんとかごまかして、そのあとが僕(アズリ)の歌だったのですが、目の前で涼子ちゃん(マリア)は笑うのをガマンして体震わせているし、他の出演者は後ろや下を向いている中、前を向いてさわやかに歌うのはものすごく大変でした。』

ウメ 『私も後ろでジュリーをやっていて、ヒヤヒヤしていました(笑)でも葵さんがいいかんじでアドリブで歌って、亮輔さんも何事もなかったかように歌っていらっしゃったので、すごくて感動してしまいました。いよいよ最後となりました。次回アトムに出演するときはどの役を演じてみたいですか?』
亮輔さん 『またアズリで。でもトキオの歌や台詞も演じてみたいし、ウメちゃんの"ウメちゃんコーナー"もやってみたいです。あれはすごいっ。引き続きお客様を楽しませてくださいね。』

ウメ 『頑張ります!では次回はウメちゃんで(笑)本日はどうもありがとうございました』

千秋楽の様子はカミングすーん☆