わらび座オンラインショップ

2010年5月14日金曜日

山神の里…その名も!

『神根村』



…これは僕ら山神班メンバーが、今回の「山神様」の舞台となる村として作り上げた空想の村なんですが、これがなかなかの出来で!

研究生のみんなが中心となり、絵の具、色紙、画用紙などなど様々なものを駆使して、とても綺麗でリアルな村全体図を作ってくれました。

写真だと、そのリアルさがお伝えしきれないのが残念なのですが…。




村の中心にはブナの大樹がある広場があり、村の憩いの場となっています。
村の一日はここから始まり、活気に満ちた一日を予感させます。




その広場の西側にはブナ林があって、そこには何やら怪しいハートマークが?!
さぁ、本舞台ではここで何が起こりますやら☆




そして舞台の重要ポイントとなる、天狗沢と炭焼き小屋が村の北東側に。

天狗沢と炭焼き小屋、村とのこの位置関係を覚えていて下されば、舞台をまた違う楽しみ方で観る事ができると思います。


僕が演じる熊は、この村の隣り村の人間なので、悲しいことにこの地図に熊の家はないのです。
熊の住む村の名前は熊沢村と勝手に自分で名付け、一人でニヤニヤしながら村の妄想を膨らませています(笑)
…どなたかよい地図が作製できた方は、ぜひ「わらび劇場 熊宛」まで♪



神根村と熊沢村のオラだぢに、ぜひ会いに来でけれ☆