わらび座オンラインショップ

2010年3月30日火曜日

「カンアミ花華読み合わせ日記」




稽古に突入!しました。
先ずは台本の読み合わせからです。演出の中村先生から山のように課題が出されます。
そのひとつが「アクセント」です。正しく台詞の内容を伝えるためには正確なアクセントで台詞を話すことが大切です。
例えば「橋を歩く。」を「端を歩く。」とアクセントが違うと意味が全く違ってしまいます。
もうひとつ「箸を歩く。」意味がわかりません。直すのに悪戦苦闘!です。
写真は白鳥さん!