わらび座オンラインショップ

2010年3月9日火曜日

「倉敷歌舞歌舞秋田弁日記」




「四季の詩」司会の高橋正太郎はバリバリの秋田県人です。
ので、台詞もバリバリの秋田弁です。
実はこの役名、中学時代の同級生の名前から付けました。
ちなみに彼は婿に入って名字が変わっております。
私自身、秋田弁の台詞は「よろけ養安」以来です。
明後日の秋田公演はコテコテバリバリの秋田弁バージョンでいきます。
(倉敷は若干訛り具合を変えて分かりやすくします。)
観に来てくださ〜い。
写真はもうすぐ帰ってしまう白鳥さん!