わらび座オンラインショップ

2010年2月25日木曜日

子ども劇場

先日新宿を歩いていたら、すてーんと転んでしまいました、工藤です。

雪国育ちで凍ってる地面ならおちゃのこさいさいな私も、都会の道はなかなか慣れません。
恥ずかしくて、とっさに出た言い訳は「道路が凍ってる!」。その日の気温は10度を越えてました…凍るか!!

さて、この間、関東・東海の学校公演の日々が続いておりました。
4月頃に比べると、子ども達の反応が1年で随分変わったな、と感じています。
思えば4月はまだ、1年生も小学生になりたて!他の学年の子達も、クラスが変わったりで緊張しているような感じを受けていました。
でも、2月ともなれば、1年生はもう小学生ベテラン!6年生なんかは中学生と見間違う体格をしています!集中する所はじっくり集中し、突っ込む所は素直に突っ込む。面白いくらいめりはりのある反応がかえってくる時があります!
1年間の月日というものをまじまじと感じている今日この頃です!

さて、そんな公演の合間に、先日「火の鳥 鳳凰編」新宿公演を3人で観劇してまいりました。
一足先にファイナルを迎えた火の鳥班を見て、たっぷりパワーとエネルギーをもらい、自分に注入しました!!だから力みすぎて、その後新宿の街中でコケたのかもしれません(笑)

我らは、千秋楽まであと3週間弱!
鶴姫班の千秋楽と同じ日に、新潟で千秋楽を迎える事になりました!

今年度は、1番早くツアーのスタートをきって(正確には、昨年度に初日を迎えました)、公演数や日数はもちろん他の班に負けますが、随分長い期間公演をしてきたのだと、改めて実感しています。

学校公演は残り2校!

そして明日からは、いよいよ熊本の子ども劇場さんの地域公演が始まります!! 夏の長崎を経て2回目。
子ども劇場さんとは、地域のお父さんお母さんが、地元の子ども達に生の舞台を見せてあげるために、運営されてる団体さんの事です。子ども達がお父さんお母さん、地域の方々に見守られて一緒に舞台を見る、というとても素敵な公演なんです。
夏の子ども劇場さんの公演では、演じている私達も、真剣な子ども達と地域の方々の優しい眼差しを受けて、とってもあたたかい気持ちになれました。

またたくさんの地域の方々、子ども達に、舞台を届けられると思うと今から、ワクワクドキドキ!!

一人一人との出会いを大切に、公演していきたいと思います!