わらび座オンラインショップ

2010年1月27日水曜日

公演スタートしました!

1月23日 大雪。
しんしんと雪が降り積もる中、私たち、とうとう初日を迎えました!!

なんとなんと!お客様は200名近く。
開演前、客席の期待にふくらんだざわめきに、私たち3人も、直前までの稽古・稽古で頭がいっぱいでしたが「思いっきりやったろ!!」と腹がすわりました。

そして始まった、初の「キューピットはどこ!?」
歌や芝居にあわせて、客席中が笑いと拍手と鼻をすする音で、小劇場が呼吸をしているかのよう。
演じている私たちも、その一体感に“これが冬の小劇場の醍醐味なのか!!”と衝撃と感動。

中でも高橋健次役の鈴木君は、すぐ隣の大仙市太田町の出身なのですが、なんとその地域のお客様が40名もの団体で、初日を応援しにかけつけてくださったのです!

初主演ということで、鈴木君はものすごいプレッシャーと闘いながら初日を迎えたのですが、あたたかい応援団の方々のまなざしに、最後は思わずとってもキレイな涙を流していたのが心に残りました。
私たちも思わずもらい泣き・・・。








さらに終演後は、この舞台のモデルである神代地域活性化推進協議会の皆さんが、なんと!!「あいがけ神代カレー」をお客様にお振る舞い!
本物のカレンジャーもかけつけてくださいましたヨ。


心も体もあたたまる初日を頂きました。
そのわかちあえた感動を確かに心にきざみ、3月28日までの挑戦、頑張ります!!

皆様、どうぞ見にいらしてくださいね。
お待ちしています!