わらび座オンラインショップ

2010年1月9日土曜日

「和平へ〜!へ〜?荒馬日記」




倉敷音楽祭参加作品「四季の詩」 春は「荒馬」です。
この演目は小生が「初舞台」で踊った演目です。
当時の「歌舞集」は演目が10ほどあり少ない編成の小班でしたから、10演目のうち8演目ほど踊っていました。
けっこうハードな踊りが続くのですが(沖縄の棒踊りとか親子獅子とか安来節とか)その最後が「荒馬」でした。
若かったのですねえ、踊りがしんどいというより次の着替えの事が気になっていました。
一度、慌てて馬を前後間違えて付けたことがあり「荒馬」でなく「アラまっ!?」になってしまいました。若き日の懐かしい思い出です。
写真は白鳥さん!