わらび座オンラインショップ

2009年10月31日土曜日

道具師

「火の鳥」はたくさんの小道具が登場します。
「犬」とか「牛」も小道具ですし、貴族の帽子や速魚の持っている花なんかも小道具です。

わらび座の専門の小道具さんは一人なのですが、冬から春にかけての作品仕込みの時期になると、
「助っ人」が登場します。

この作品には刃物がいくつか登場しますが、それをすべて制作したのが、
小道具助っ人常連、いえ、もはやお手伝いの域を超えてますね、
盗賊ナンバー2(ナンバー1は我王)の長掛憲司さん、通称「カケさん」です!!

見てください、この刃物の数々。キラっと光るんですよね。怖いくらいよくできてます。
これは予備の小刀ですが、本番用が出来上がるまでに5回くらい試作を繰り返したとか。

それだけじゃありません。

銅(あかがね)の里のシーン。一人の女性が赤ちゃんを抱いて出てきますね。
あの赤ちゃんもカケさんが作ったそうです。いわばカケさんはこの子のお父さんです。
私はマサトくんと呼んでいますが、この子を抱いていると、なんだか安心するんですよね。


演じる者も本物と信じて使うことができる。
小道具はもちろん、他のスタッフの舞台に対する非常に細やかな“こだわり”が、
表に立つ演者にも伝わり、それを信じて演技をし、
お客様に伝えていく。

本当に、何ひとつとしておろそかにできないなぁ、と、

ワタクシ これを書きながら身が引き締まる思いです。
                (カケさんの腕に抱かれているマサトくん)

ちなみに、カケさんの作った小道具は、坊っちゃん劇場で上演中の「鶴姫伝説」でも見ることができますよ☆


さて、明日は大分のiichikoグランシアタでの公演です。


なんだか、大人の香りがしそうですね。



「芭蕉少々帰秋日記」





本日一泊ではありますが、秋田へ帰ります。
明日は青森へ北上、青森公演が終わると今度は一気に南下、岐阜県垂井町の公演です。
秋田を出て10日余、「紅葉」は?「白鳥さん」は?
明日の出発時間まで忙しくなりそうです。
写真は田沢湖&樹!

自慢話

響組合行動班長のHoです。

今日は献血をしてきました。なんと9年ぶり!!!


話はさかのぼって、16歳の夏。
献血を初めてやったとき、 終わった後なぜか保健室にいました。
どうやら倒れたらしい・・・

しかし自分は、その後も3ヶ月おきの献血に果敢に挑みました。
なぜなら、その時間は授業を受けなくていいのだ!!!


ある日のこと、いつものように血を取り終え、帰る支度をしている自分に「少し残って頂けますか」と声を掛けられました。
前に机が出され、そこにスーツを着た人たちが並び、なにかただならぬ空気の中、自分は用意された椅子に座らせられました。

「160万人目おめでとう!」

なんと!
秋田県で160万人目の献血者に当たってしまった!
1600000人目です。

大きな賞状と大きな花束を頂きました。 

学校でも臨時集会が行なわれ、表彰されました。
嬉し恥ずかしながら花束を担ぎ家に帰ったこと、今でも鮮明に覚えております。
 

さて、今日はなかなか献血ルームが見つからず、歩くこと3時間!
やっと見つけた!
たくさん歩いて血流いいよ~。
ものの10分くらいで400ml摂り終えました。

また、記念の人になるよう密かに狙いつつ、社会貢献していきます。

2009年10月30日金曜日

韮崎市高校公演

開演の前、コーラス部のメンバーが、
舞台上で作品の解説をして下さいました。















さわやかな浴衣姿で、
演劇部?と見まがうばかりの
演技です。
事前に「五七五音頭」のレッスンをうけて
これも見事に上演!?

観客席も大盛り上がり、期待に満ちて開演した本舞台は、
おかげさまで大成功でした。

終演後

橘「コーラスが良かったよな」

熊吉「あの浴衣姿で『お疲れ様でした~』って来てくれたら、
    疲れも一気に吹っ飛ぶね!」

橘「それより片づけの手伝いがいいな」

熊吉「肩まで揉んでくれたりして・・」

熊吉の妄想は果てしなく続く・・・


っておい!はやく片づけしろっ!

「芭蕉少々サービスエリア日記」




バスで移動している我々の長い移動の時のお昼は、高速道路のサービスエリアです。
最近のサービスエリアはコンビニがあったり、コーヒー屋さんがあったりと多様です。
ので、各自イロイロ楽しんでいるようです。
安くて当たり外れのない「カレー」を食べる人、必ず「丼物」を食べる人、
「ソフトクリーム」を食べる人、「玉コン」が売り切れで悔しがる人、
「たかが昼食、されど昼食」です。
写真はさらに紅黄葉!

2009年10月29日木曜日

ほそ道、一気に北上

岡山の公演を終え、大阪での休養日をへて、
今日は一気に山梨県韮崎市に。

中央高速道路をひた走る。
と、南アルプスの山々が・・
いくつかはすでに冠雪していました。

いよいよ、秋ふか~~し、です。

















あと1ステージで本社に帰ります。
抱き返りの紅葉はどうなっているかな?

「芭蕉少々今日も移動日記」




やはり「完休日」はアッと言う間に過ぎ去り、今日は山梨へ移動です。
全国を回っていて面白いのがNHKのアナウンサーです。
あれっ!?この人がこんな所に!?というのが多々あります。
秋田にいたあの人がこんな所に、7時のニュースのあの人が今は此処に・・・と。
我々同様、NHKのアナウンサーも移動が大変なんですね。
写真は紅葉!

2009年10月28日水曜日

絵師

お客様からよく尋ねられるのは、
「ブチの脚の薔薇ってどうなってんの?」

と、いうことで、製作現場を訪ねてきました。

キャンパスは あすなろブチ。そして彫り師ならぬ絵師は・・・

なんと音響の佐藤亜希子こと、あちこちゃんで~す!

薔薇の絵師は、岡村雄三氏、森下彰夫氏に次いで三代目。


さぁ、製作開始!!

まず、油性マジックで薔薇の枠を描きます。
(花びらの下の、がくの部分のハネがポイント☆ byあちこ)


そしてアクリル絵の具で彩色。
(マジックで描いた枠をつぶしてしまわないように☆ byあちこ)


はい、出来上がり~☆


筆者も描いてもらうことがあるのですが、近頃は顔とともに足も乾燥する季節になってきまして。
日々のスキンケアはもちろん、描いてもらう前にも、化粧水をパシャパシャするのであります。
そうしないと、薔薇はすぐに枯れてしまうのです・・・。

火の鳥の登場人物の中で最も軽装に見えるブチが、実は一番準備に時間をかけてるんですね。

ちなみにこの薔薇、毎回消して、毎回書いてます。
「毎日がオリジナル!もっと立体的に見えるようにしたいですね。 byあちこ」
あちこ画伯、いつもありがとう~☆

海よ我は今そなたに命あずけよう

鶴 「敵の船は空っぽ?・・・そうか。龍神様、これがお答えですか。空になった舟を焼き払えば良いのですね。船がなければ大内は手足をもがれたも同然。血を流すことなく敵の野望をくじくことができる」

鶴に答えが出たのだ。

♪海よ 我は今 そなたに命あずけよう
 月の明かりだけを頼りに 船をこぎだそう
 ああ ありがとう カモメよ 助けてくれて
 ああ クロタカ 見ていてくれ 雲の上から
 わたしを導いてほしい 正しき道へ
 命かけて守り抜く 海の平和を
 海よ 力をさずけたまえ

 「いざ、我に続け!」

舳先には鶴が、横には三島水軍の旗が立ち、船は大崎下島にいる大内・陶のもとへ月明かりを頼りに進む。
夜の海を見すえている三島水軍衆は、鶴姫の勇ましい姿に勇気付けられ、海を守るという志でいざ進む。


※大まかなあらすじではありましたが、「鶴姫伝説」はあと第14場、第15場となりました。次回をお楽しみに。




さて、わらび座の代表取締役社長が、愛媛・坊っちゃん劇場へ参りました。会議が行なわれたらしい。会議後、舞台を観劇され、楽屋にも顔を出して下さり、ねぎらいの言葉を頂戴しました。

その後…
役者N氏 「バイク、見る?」
社長 「ぜひ」

外に出ると、新車が光っている。
そこにまたがる社長。


そしてN氏のうしろに乗った社長。
まるで子どものよう!?
ニコニコして乗っている(公道ではありません)


愛媛にはたくさんの会議で来ており、この時はホッと一息のはず。
いいではありませんか。

実はこの2人、社長が若かりしころ舞踊の講師をされており、N氏は研究生でビシビシしごかれていたという間柄。とても親しいのである。
もちろん私も短期間ご指導いただきました。

社長は講師となる前は役者もされており、私が印象に残っているのは、「護身の舞い」という沖縄の空手をとり入れた舞踊。
ソロを務め、カッコ良かったッス!
それから八丈島太鼓!これもまた良い。(ほめすぎか?)

現在、我が社のまとめ役。
激務でしょうが、お身体を大切にして下さいネ。

「芭蕉少々完休!日記」




公演のない日でもワークショップが入ったり、小公演が入ったり、次の公演地へ移動したり、なにかと忙しい公演班です。
昨日の朝、岡山の学校公演を終えて大阪へ移動、今日は一日な~んにもスケジュール無し!
こういう日を「完休日」と呼びます。「完全休養日」です。
しかし、こういう日はアッと言うまに終わってしまいます。何ででしょうね。
写真は紅葉の山!

2009年10月27日火曜日

大!ほそ道班!!

岡山市での男子高校公演は、
予想以上にみんなよく観てくれました!

だって、かつて北海道の男子校で公演した時は、
相手役のセリフも聞こえないぐらいの話し声(お芝居とは関係のない)、
で、相手のセリフの口みて、カンで、我がセリフを言う、
というすさまじい状況もありましたから。
そんな頃から考えればホントによく観てくれた。
(もう数十年前の思い出、です・・筆者の)

イケメンの生徒代表の花束贈呈に、
〈なんで芭蕉が受け取ってんのよ〉
という女優達のぼやきが・・ま・・聞こえてはいませんでしたが・・

この公演にたまたま、響班と「坊っちゃん劇場」の有志が観に来てくれました!
で、なんと、搬出まで一緒にやってくれたのです。









いやあ、仲間っていいですね。
毎日こんな大人数だったら、仕込みも楽なのに・・

今後、決してないだろう大集合写真。










お互いの健闘を祈りつつ、
それぞれの旅?に散ったのでした。

ただいま佐賀!

気づけば10月も、もう終盤・・・  
どっひゃーっっ!!

いきなり余談ですが、今「ひのとりはん」を変換したら、

「日野と離反」

となってしまいました。そんな・・・離反だなんて・・・仲良くいきましょうよ。


そんなことはさておき、ただいま「火の鳥班」佐賀県にいます。
この間なにをしてたかって?

文字通り駆け回っていました。
10月はざっと22回ほどの公演です。移動しながらです。
思い出もいろいろ。それはまたおいおい。

毎日インフルエンザの脅威が叫ばれる中、メンバーみんな元気にやっています。
これはもはや奇跡と呼びたい・・・


さてさて、昨日は我らが班長、みろさんの誕生日でした。
みんなで集合した時にささやかですが「おめでとう」をプレゼント!
自分の時はさておき、誰かをお祝いするってやっぱり嬉しいじゃないですか。
これからもよろしくお願いしますね、班長!


今日は貴重な休日でした。
おや?佐賀駅前に鬼剣舞??
いえいえ、これは「面浮立」というそうです。
格好いいですね☆
明日は佐賀の高校です。
がばいよか舞台にするとよ!(合ってるかなぁ…)

「芭蕉少々岡山日記」




本日、岡山市内の高校公演です。
やはり南へ来たせいか、暖かい!
今日は最高気温が20℃を超えるようです。
全国の天気で秋田を見てみると、最高気温がな、なんと16℃!
交通標語で「狭い日本そんなに急いでどこへ行く」というのがありましたが、
どうしてどうして日本は広い!
雪が積もる所もあれば、降らない所もあるのですからネ。
写真は田沢湖!

2009年10月26日月曜日

「芭蕉少々岸和田日記」




大阪岸和田市の公演は沢山のお客さんで大成功!でした。
30年前に実行委員会で知り合った方々も観に来てくださいました。
坊っちゃん劇場で知り合った方々も来てくださいました。
倉敷からも沢山来て下さいました。
本当に久々に来てくださった方々も沢山いらっしゃったようです。
中には「わらび座まだやっとったんか!?」と言われた方もいたようです。
はい、わらび座は再来年60周年。まだまだ頑張りまっせ~!
写真は紅葉!

2009年10月25日日曜日

岸和田公演成功!

沢山のお客様の拍手の中、
岸和田市浪切ホール公演は大成功!

近在のファンの方々、遠くは愛媛の坊っちゃん劇場ファンクラブの方々も
駆けつけて下さってご覧下さいました、有り難うございます!!

わらび座の数十年前からの協力者も少なからずおられる土地柄で、
久しぶりの公演を強力に支えて下さいました。

この公演を実現して下さった、
浪切ホールを運営する財団およびスタッフの皆さんに
この場を借りて心から御礼申し上げます。

2009年10月24日土曜日

「芭蕉少々食い倒れ日記」




大阪は美味しいモンがぎょうさんありまっせ~。
たこ焼き・お好み焼きを初めて食べたのも大阪でしたし、ブタマンを二個買って映画を見たのも大阪でした。
「けつねうろん(きつねうどん)」が始めわからなくて笑われたりもしました。
「食べ物」にも沢山の思い出のある大阪です。
その大阪での久々の舞台、今日!開幕です。
写真は百葉繚乱!

2009年10月23日金曜日

富士は遠かった

昨日本日と、2日かけて大阪、岸和田に到着。
明日の公演、懐かしいファンの方々にもお会いできそうで
わくわくです。

旅の途上、東名高速、静岡を通過、
なかなかチャンスに恵まれない
「富士山」
が頭だけ出した。

やおら富士山写真家曾良が激写!!













しまった、早過ぎた!

今度こそチャ~~ンス!















あれえ!
そこの、高速道路の壁の奴、
どきなさい!

よし!!壁がとぎれた、激・・・しゃ~~~













なんで今通るかなそこのトラック(-_-)

じやまもなくようやく撮れた富士は、すでに雲の中。


















富士山は今回も遠かった。

帰路に期待しましょうか。

「芭蕉少々大阪日記」




大阪へ向っています。
岸和田市の公演は近畿圏、唯一の公演です。
大阪は私にとって思い出深い「地」の一つです。
公演で何度も行っていますし、若かりし頃営業に入ったこともあります。
その頃の公演は実行委員会形式のものが多く、実行委員さん同士で結婚されたカップルもたくさんありました。
みなさん元気でしょうか。是非お会いしたいものです。
写真は晩秋の田沢湖!

2009年10月22日木曜日

火の鳥ごっこ!?

大阪で公演の毎日を送ってる私達パッカ班。

先日、パッカ班がパッカ班でなくなった姿をご紹介!

それは、火の鳥ごっこをするパッカ班!

先日、私工藤の鼻の上にニキビができて
「鼻が痛ーい。」
と言ってた事が、ことの発端。


工藤我王 「鼻が…!鼻がいてぇ!速魚!薬を塗ってくれ!」
あすみ速魚 「ちょっと待ってて!今塗るから…きゃっ!」


彰夫盗賊 「うっ!くせぇ!やっぱり…毒だ!」



若干ギャグ写真になってしまったのは…何故?
1枚目と2枚目の写真は、上記の通りのキャスト写真なのに…3枚目は何故か3人とも盗賊になってしまいました( ̄○ ̄;)

「芭蕉少々続・弁当日記」




開演前に食する弁当だが、なにせ開演前である。
パクパクぺロりという訳にはいかない。もったいないが大抵残してしまう。
そこで若手の役者にあげたりするのだが、最近の若者は少食らしくなかなかもらってくれないのだ。
お弁当屋さん、お百姓さん、ごめんなさい・・・と言いながら今日も弁当を食すのである。
写真は紅葉!

2009年10月21日水曜日

羽州街道~酔行

山形の素人俳諧師Aは、酒がすきだ。
(面倒なので以下、S氏と略す)


土産にするはずの青森の地酒を、
なんと、車中で飲み始めた!

















その有様に唖然とする周囲の目もお構いなしに、
飲みまくる。

すっかり酔っぱらってしまったS氏、
休憩時間のトイレもままならず、曾良に負ぶさり・・・・

?で、なんでおにぎりを??

















S氏は酔行、曾良は任務、遂行・・なんちゃって・・

*このお話は、ほとんどフィクションです・・・ほとんど。

(画像提供・・船頭さん)

響☆杏の日記

九州ツアー満喫中の我ら響メンバー。

今日もまさにALIVEでした。

福岡県田川市内の高校の生徒さんはノリがいいっ!

会場はさながらライブハウス。

本当に素敵です、みんなありがとう!


そんな日々の中、ホッとする一枚をご紹介。

とある会場の給湯室にて♪

そーよねー。ママレモンがあるなら

パパレモンがあってもいいわよねー。

もーオチャメさーん。

ちなみにその会場のスタッフさんは若かりし頃に

わらび座に入ろうと思っていたそうで、とーっても

フレンドリーに接して下さいました。

こちらも素敵。

良い出会いに恵まれて、明日もALIVE するぞー☆

「芭蕉少々弁当日記」




我が劇団では、開演前一時間前に「弁当」を食べるのが習わしである。
ず~と以前は終演後に食べていたのだが、夜遅くなるので身体に良くない!
ということで今のようになったのである。
それにしても座歴三十ン年の私なんぞは、いったい何個の弁当を食べたのだろうか!?
ちゃんと数えておけばギネスものだったかもしれない、残念!
写真は菊!