わらび座オンラインショップ

2009年6月30日火曜日

「ばあやは見た!冷房日記」




まあ!なんということでしょう。
わらび劇場には、ついに「冷房」が入ったのでございます。
ばあやは嬉しくて嬉しくて・・・。
それにしても、なんということでしょう!まだ6月というのに最高気温が30℃を越えたのでございます。
ばあやもこの歳になるまで、初めてのことでございます。
やはり、地球さんがおかしくなっているのでいるのでしょうか。
ばあやは心配で心配で・・・。
ともかくこの気温に負けない「熱い熱い」舞台を創るのでございますよ~!

写真は紫陽花でございます。

2009年6月29日月曜日

夏がやってくる☆



暑くなってきました!

日に日に、舞台上の温度が↑

一日に掻く汗の量が、ハンパない感じになってきました。

私は脱水症状対策として、袖裏に、1リットルの水を用意しています。

水も真水ではなく、塩を一つまみ入れて!

先日、慎蔵役の渡辺 哲さんから、

「龍馬が登場するときに、すでに顔に汗かいてるよ(ある意味すごいね(笑)」と・・・・・・(^_-)

皆様、くれぐれも熱中症にはお気を付けて下さい。

今日は飲むぞー、水を飲みまくるぜよー♪


写真は、愛南町公演の宿からの夕日です。

海に向かって歌を歌いながらパチり!

只今、九州をまわっちょります。

今日もゆくゆく、龍馬班!がゆく

「赤シャツは見た!ターナー島日記」




赤シャツざんす。
ミュージカル「坊っちゃん!」のバックに海が見えるシーンに必ず登場しているのが「ターナー島」ざんす。
実はこの「島」最初の教室のシーンから波止場に転換する時にワタクシ赤シャツが出しているざんす。カギが付いていて引っ掛けるようになっているざんす。
前は校長先生が出していたざんすが、今はワタクシが出してるざんす。
まさか自分で出して「ターナー島云々・・・」と自分が説明するとは思ってもみなかったざんす。
役者は舞台で演技をしているだけでなく、裏でもイロイロやっているざんすよ~。

写真は田んぼ&朝日ざんす。

2009年6月28日日曜日

「火の鳥」能代公演

昨日、地元秋田県、能代市の公演がおこなわれました。
満席の観客の中で大盛り上がりの大成功。

来て下さったお客様はもちろんですが、
「銀河鉄道の夜」「坊っちゃん!」と続けて取り上げて下さった
ホールのスタッフの皆さんには大感謝です!!

ノリにのった茜丸が、ブチに迫られるシーンで
「そ、そんなもんなの?ね、能代の皆さん?」
と、助けを求めたとかなんとか・・・(あくまでも伝聞です)

幸福な公演を終え、「火の鳥」メンバー、
1ヶ月ぶりの本社帰還と相成りました。

ただいま!

2009年6月27日土曜日

「ばあやは見た!白いバラ日記」




まあ!なんということでしょう!
「アンネのバラ」に白い花が!?二枚目の写真でございます。
先日の雨の中、それは妖精のように咲いていたのでございます。
一瞬、目を疑いましたが確かに「白いバラ」でございました。
毎日見ていたはずなのに、色が変わったのか、別のバラの陰に隠れていたのか、
「突然」現れたのでございます。
時まさに「ジューン・ブライド」アンネもお嫁にいきたかったでしょうね。
「白いアンネのバラ」はアンネのウェディングドレスのようでございました。

2009年6月26日金曜日

弘前公演

Hoです。
昨日は弘前で一般公演。
この弘前の地はボクが5年前、営業で大奮闘したところであります。

終演後の交流会は日程の都合でとれなかった為、
前日交流会が盛大に行われました。

画像の前列の男3人、顔ヤバいでしょ・・・・
その日は、ひと公演して移動してからの交流会だったので、アルコール回るの早いのなんの・・・でも始終、大いに盛り上がりました。

実行委員さんが、特製「ALIVE Tシャツ」を人数分作ってく れました。
当日はみなさんもちろん「響」の一員ですわ。

当日プログラムも凝ってましたね~。
(下の画像です。みづらくてごめんなさい)



 さて当日、ボクは最後にみなさんにお礼の一言を述べたい、と
班員にお願いしました。
よく承諾を得たものの・・・何しゃべろう?

 開演前、ブツブツブツブツブツブ ツ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

~開演~

き・来たぁ!

「5年前、この弘前で営業として入りました。あの時、本当にお世話になった方々に、
この場をお借りして、深く 深くお詫び申し上げます!」

(き・決まったぁ!) クスクスと笑い声が?

ノ~!お詫びじゃねぇ~お礼だぁ~!

 とまあ計算通りの展開で・・・?おかげで緊張も解け、その後は順調に気持ちを伝えることができました。
 本当に昨日は素晴らしい日でした。


お世話になった弘前のみなさんの前で公演ができたこと。
ボクの夢がひとつ叶いました。ありがとう!

今回の物語はお休み。

編集者が多忙のため、七場の続きは来週に致します。あしからず。

今週のゲストは鶴姫様です。

-------------------------

皆様 こんにちは。
初めて投稿させていただきます。
鶴姫役の碓井涼子です。

愛媛に住み始めて、早四ヶ月が経ちました。

晴天続きで、しょっちゅう布団を干していましたが、とうとう(?)・・・やっと!愛媛にも雨が降りました。恵みの雨です。
しかし、愛媛の水不足はまだまだ切実な問題です。もっともっと降ってほしいです。

さて、先日、公演終了後に『鶴姫伝説』のCD録音をしました。
毎日のように舞台で歌っている曲にも関わらず、スタンドマイクの前に立つと、妙に緊張してしまう私です。
合唱で思いっきり歌詞を間違えて、みんなをズッコケさせてしまいました。
それでも笑顔で取り直してくれるみんなに感謝じゃ~。
どれもとても素敵な曲です。
力強く、勇壮的で、ロマンチックです。
皆様、ぜひ聴いてくださいね♪
もちろん、舞台も観にいらしてください☆ 

今回、相手役のクロタカは3人チェンジします。
全員、わらび座の役者ではなく客演の方です。
1月に秋田で皆さんと稽古しましたが、3人それぞれに魅力があり、私も日々刺激を受けて舞台をやらせていただいでます。

柳瀬 亮輔さんは、身体も心も大きなクロタカ。
森 雄基さんは、若々しく初々しいクロタカ。

もうすぐ3人めの『クロタカ チェンジ稽古』が始まります。
さぁ、どんなクロタカかな?
鶴は楽しみじゃ~☆

皆様もお楽しみに!

写真はメイク前のクロタカ(森雄基さん)と鶴です。

「ばあやは見た!再び紫陽花日記」




まあ!素敵!「紫陽花」が芸術村内のあちらこちらで咲き始めたのでございます。
種類が豊富!色も豊富!形も豊富!でございます。
花言葉は「辛抱強い愛情、元気な女性、謙虚」だそうでございます。
ばあやにピッタリな花じゃあございませんか!?やったあ!!

・・・失礼いたしました。

ということで、これからどんどん紹介していくのでございます。

2009年6月25日木曜日

気分転換

 つよしです。

 一昨日は、気分転換に、久しぶりに釣りに行きました。
 場所は、八戸港。

 釣り人は、音響の中田君と僕。
 釣り具屋さんで、釣れそうな場所と魚種をリサーチ!

 早速、ポイントに向かいます。


 まずは、準備体操から! 魚を釣るなら やっぱりソーラン節でしょう!
 どうです! このポーズ! 決まってます!


 中田君の準備運動は、得意のタイタニックのポーズ。
 これも、八戸港の灯台をバックに決まってます!

 さて、釣果は・・・・大漁! という訳には行かず、中田君2匹。僕が3匹です。

 捕れた魚をご紹介しましょう。

 
 僕

 鰈を釣り上げました!
 本日の本命です。
 この後。アイナメもゲット!

 中田君

 ??? 何だろう? この魚?
 でも、この後にソイという魚を釣り上げています!



 こうして、つかの間の気分転換に旅の疲れは癒され、八戸の日は暮れて行くのでした。

「ばあやは見た!空梅雨!?日記」




少し降った雨もすっかり上がってしまって、今日も良い天気でございます。
天気予報も当分の間「晴れマーク」お米や作物は大丈夫なんでございましょうか?
ばあやは心配で心配で・・・。
ばあやの第二の故郷、愛媛の松山は水不足だそうでございます。
ばあやは心配で心配で・・・。
先日「ばっきゃライブ」でやった「豊年太鼓」は雨乞いの太鼓でございます。
必要とあらば毎日「豊年太鼓」を叩かなければなりません!ねっ。

写真は「芍薬」でございます。

あつい公演~京都編

関東の熱いあつい一般公演を終え、
一昨日より京都の高校公演。

こちらの学生さんも、変わらず一所懸命みてくだはりまして。
ただ、全国的に今年一番の暑さ。京都の暑さは噂に違わず・・
冷房をがんがんかけているにもかかわらず、暑そうでしたお客様は。

*我王平野進一がぐしょぐしょの衣装を脱ぎつつ
「あっつい~。いつも汗まみれの葵君(もう一人の我王)に勝ったかな、今日は」
と、妙な競争心をみせていました。

搬出は午後4時ごろ・・・日当たりの良い搬出口で午後の日差しををいっぱいに浴びながら
皆、荷物運びに精をだしておりました。・・・あっっついいいい~~。

良弁は、冷房の名残の残るホール内で皆の活躍を見守っていたのでした。
(判りやすく言えば、涼んでいた、のだ)

2009年6月24日水曜日

帰座☆

長い長いツアーも…とうとう明日で終わり!!
東海で1日、関西で3週間強、関東で2週間強、中国で2日、移動も合わせて1ヶ月と11日のツアーでした。
パッカ班にとっては、過去最長のツアーでした(--;)

昨日は、奈良の小学校で2回公演でした。
ご担当の先生や校長先生が、手厚く対応してくださって、至れり尽くせりとはこの事です…!(^∀^)
そのご担当の先生が、帰り際、その日私達が泊まってるホテルの近くにある沖縄料理屋さんをご紹介してくれました。
折角なので、荷物を置いてから、夜3人で行ってみることに。
その名も「てぃ~だぬ屋」さん。
実は私、沖縄料理屋さん初めてです(^□^)
オリオンビールや、「花華」というマンゴーとシークワーサーのカクテル、泡盛、美味しいお酒がいっぱい(^-^)
ミミガーの酢の物、石焼きタコライス、スルルーの唐揚げ、ゴーヤチャンプルーと美味しい食べ物もいっぱい!
その中でも私は「スルルーの唐揚げ」が美味しかったです。
スルルーというのは、キビナゴという魚の事です。
他にもグルクンという魚の唐揚げもありました。



美味しく食べてたら、だんだんマスターやお客さんと意気投合してきまして、1人のお客さんが三線を弾いてくれたので、皆で沖縄民謡を大合唱しました。
お礼に、と私達は盆舞とソーラン節を披露。
更にマスターと女性客さんとで沖縄の踊りを見せてくれました。
そして3人とも三線に挑戦。なかなか指のおさえ所が難しかったです。

最後は「てんさぐぬ花」「安里屋ユンタ」を皆で大合唱!

こうして旅の途中で素敵な人達と出会えるって最高ですね!

「赤シャツは見た!角屋日記」




赤シャツざんす。
松山市内にワタクシの行きつけの「角屋」という料理屋があるざんす。
そこにはキレイなキレイな「芸者」さん達がいるざんす。
四人いるざんすが、名前が「菊丸」「千代奴」「七重」「桃太郎」と云うざんす。
美術の吉川先生なんぞははしゃいじゃって!はしゃいじゃって!
ほほほ、払いはワタクシなんざんす。けっこうするざんすよ~!
勿論!「坊っちゃん!」の中でのことざんす。

写真は「アンネのバラ」ざんす。

2009年6月23日火曜日

「ばあやは見た!梅雨の雨日記」




梅雨入りしてからなかなか雨が降らなかったんでございますが、久しぶりの雨に花たちは喜んでいるようでございます。
久しぶりと言えば久々に山へ行ったんでございますが、カワイイ花が咲いておりました。
カワイイと言えば劇場にはカワイイ小学生達が沢山見に来てくれています。
赤シャツ先生が坊っちゃんにやっつけられて、自慢のオールバックが逆立ってしまうシーンでは大笑いでございました。
梅雨の湿気なんか吹き飛ばすような「大笑い」でございました。

2009年6月22日月曜日

関東公演が!



皆さん、ご無沙汰してしまい申し訳ありませんでした。

昨日の入間公演が終わり、無事、関東公演を終えることができました。

写真は、パルテノン多摩!
関東コース横須賀から始まり、二番目の公演地多摩市の劇場。

やはり東京公演、このミュージカル「龍馬!」がどんな風に都会の人に受け入れられるのか、緊張しました。

しかし、幕が開けたら、最初の寺田屋から、笑いが!!

やりながら、「そうだよ、いつもと同じ、楽しんでやるだけだよ」と心の声が…

最大の見せ場、薩摩藩邸では役者もお客さんも一体になって盛り上がってるのを感じて、本当に幸せでした。

歌や踊りは滅びひん♪

終演後のロビーも大興奮のお客さんの熱気で、びっくりしました。

みなさま、本当にありがとうございました。


さて、今回の関東公演、上記のような状況がどの公演地でも起こり、本当に有り難いかぎりなのですが…

実際の裏の事情は、連日の移動公演でめちゃめちゃ大変でした。

そんな中、仕込み、片付けなど中心になって頑張ってくれた。客演三人衆の佐賀さん、和泉沢さん、保坂さんたちには本当に頭が下がる思いでした。

客演という立場ながら、今やわらび座の舞台、そして裏側も支えてくれる頼もしい助っ人です。写真はいずれ近々!

この三人、舞台では、見廻組として、活躍しています。是非活躍を見に来てください…あぁ、本当は、トラックの中で、ガンガン重いものを積んでいく頼もしいところも見てほしい☆

余談ですが、品川公演では、坊っちゃん劇場で一緒に出演していた。吉国さん、秋山さん、も来てくれて、久々の再開に、終演後の楽屋はやたらハイテンションでした♪

しかも、この二人と、劇団MMCの役者が片付けまで手伝ってくれて、まっことありがとう☆☆☆

相変わらず、色々なひとに支えられて、ミュージカル「龍馬!」、ますます加速しとるぜよ。

今日もゆくゆく、龍馬班がゆく♪

「ばあやは見た!ばっきゃライブ終了!日記」




ばっきゃライブが無事終了したのでございます。
観ていただいたみなさん、ありがとうございました。
おかげ様で大盛り上がりのうちに全ての演目を演じきることができました。
ばあやは嬉しくて嬉しくて・・・。
いつもは劇場での公演、舞台と客席の距離がございますが、ばっきゃライブでは本当に近くにお客様を感じながらの公演でした。
ばあやは楽しくて楽しくて・・・。
これからも機会がありましたら「ライブ」やりとうございます。

写真は我が家の「芍薬」でございます。

再び関西へ!

長いツアーも終盤に入ってきました。
2週間の関東コースを経て、昨日2週間ぶりに関西入り。

関東では、渋谷での一般公演や、あちこちの小学校まわり、更に、ケアセンターへの歌舞小公演など、濃い内容の日々でした!
3人一緒でなく、2人での仕事、1人での仕事も結構ありました(^-^)

土曜日は、埼玉でお休みで、各々優雅な休日を過ごしましたよ!
ちなみに私は、人生初のディズニーシーへ!
彰夫さんは姪っ子さんたちと1日遊びたおしたそうです(*^^*)
あすみさんはお部屋でDVD鑑賞(´∀`)

各々満喫して充電しました!
今日から、2日間関西で公演したら、1ヶ月半ぶりに秋田に帰ります!
たった3日ですが…(-∀-;)
それを楽しみに、もう一踏ん張り!!

いのちの歌~火の鳥

羽村市「火の鳥」公演では、
ホールの企画運営にあたる「市民の会」の担当者Hさんと、
19年前「いのちの歌」公演を大成功させた実行委員会の皆さんにより
取り組まれました。

昨年の春、「火の鳥」新宿公演を皆さんご覧になって、
感動して下さったのがきっかけ。

いのちの歌実行委員の皆さんは、なんと、羽村で「火の鳥」を観たい、と
短期間に百数十名の署名を集めたのです。
それ以来1年あまり、紆余曲折がありながらも今回の公演にこぎ着けたのでした。

19年前の歌舞集「いのちの歌」羽村公演には
茜丸役の戎本みろと我王Wキャストの平野進一が出演していました。

懐かしさを胸に2人が(そして私達みんな)熱演したことは言うまでもありません。

羽村の皆さん、有り難うございました。

2009年6月21日日曜日

てんとう虫が!

昨日は東京都羽村市。事業を主催する自治体と、市民ががっちりと手を組んで公演を実現してくださいました。

ロビーでは手作りの飾り付け。お客様をすでに「火の鳥」の世界に誘って下さっています。
奥の花びらになにやら・・・














なんと、てんとう虫!














これも手作りだそうです。

開演前にスタッフの皆さんと役者が挨拶を交わしていましたら、
このてんとう虫がポトリ、と我王の手に落ちてきました。
我王、運命を感じた一瞬でした。
この日の舞台、我王さん、燃えたことは言うまでもありません。













今回の公演に至るスタッフの皆さんのドラマは、
語り尽くせないほどあるようです。

次回、少々そのご報告を。


2009年6月20日土曜日

「ばあやは見た!本日ばっきゃライブ!日記」




本日、ばっきゃライブがあるのでございます。
ばあやはもうドキドキでドキドキで・・・。
ずいぶん遠くからも駆けつけてくださるようでございます。
ばあやは嬉しくて嬉しくて・・・。
「坊っちゃん!」共々楽しんでいただけたらと思うのでございます。

写真は芸術村内の「紫陽花」でございます。

2009年6月19日金曜日

高校生は、熱い!

先月末より3週間におよんだ長野高校合同公演が、
昨日無事閉幕しました。

客席の反応は毎回違って、時には盛大に盛り上がり、
時にはシンと静まりかえり、
カーテンコールには例外なく大きな拍手をいただき、
役者スタッフ冥利に尽きるツアーでしたねえ。

最後の、長野市での公演。

午前公演が終了し、
何人か楽屋廊下で昼食をとっていましたら、
学生さんが2人、駆け込んできまして、

「なにもかも素晴らしかったです!」
「舞台関係の仕事を目指しているんです。
 皆さんのようになりたいです。」

我王始め、役者たちと握手を交わすと、
その男子の目が潤んできて
言葉にならない様子。

役者こもごも「ぜひ我が劇団へ!」
と逆、就活。

帰り時間を気にしてか、名残惜しそうに帰りました。

あんな熱く、純粋な高校生がいるんだ・・
と、筆者の感想。
*スレた学生さんごめんなさい・・
 貴方の心も本来ピュアであることは
 承知していますよもちろん。

「火の鳥」、永遠のいのちの一滴が
若者達の心を確かに熱くした、長野公演でした。

第七場 今治・鶴姫の生家

伊予の民
「家が焼けた 納屋が山が、森が焼けた 赤子 父ちゃんが死んだ」
「黄金の稲穂は黒こげ、緑の畑はめちゃくちゃ、冬の足音聞こえても、寝るとこがない、食うものがない、このままいけば飢え死にするぞ」

大内、陶の軍が攻めこみ、今治の屋敷、庭に怪我人が沢山来ている。
舞台の別の一角で、大内と陶は、攻撃が成功してほくそ笑んでいる。

大内 「晴賢、随分と早く引き上げたのう」
陶 「豊後の大友義鑑がくる。大友と闘う前に、攻め落としたきところあり」

二人の狙いは大三島。

いくら神の島だとて、恐れるものか。我、行く手阻む者はなぎ倒せ、切り捨てろ、この手で天下掴むぞ、みてろ。

野望をむき出しである。

この場面は(明暗という歌で攻める者と、なんの罪のない者の悲惨な状況を映し出している)、大内と陶は、別々に己の天下を夢見ている。

陶は、主君・大内を押しのける野望を持っている。
大内はまだ気付いてはいない。

二人の姿は舞台から消え、鶴姫とクロタカが大三島から駆けつける。母上はご無事だろうかと、今治へ来る。
途中、壊れた船の破片や弓矢、ちぎれた鎧などが潮にのって流れるのを見てきている。むろん亡骸もだ。
母・妙林は、怪我人の手当てなどをしている。
お互いの安否を確認、すぐさま鶴姫とクロタカは、母と共にかいがいしく手伝い、怪我人の手当てに走りまわる。

第七場 前半。



今回は、坊っちゃん劇場に出演している女優陣の中から、稲穂さんにメッセージを載せて頂きます。よろしくお願いします!

-------------------------------------

皆さん、こんにちは!
自称・わらび座のスーパーアイドルいなほちゃんこと、権田奈穂です。

愛媛の地に来て、早3ヶ月が経ちました。
おかげ様で「鶴姫伝説」も好評で、沢山のお客様から感動の声をいただいています。

愛媛は、先日から梅雨入りしたにもかかわらず、雨が降らない日々です。 天気が良いのはうれしい反面、水不足という切実な問題を抱えています。

今、坊っちゃん劇場の男性陣は、「ササやん」こと笹岡さんの指導の下、ソーラン節と豊年太鼓の練習に励んでいます!豊年太鼓は雨乞いの太鼓。太鼓の響きが天まで届いて雨が降りますように・・・。

それにしても坊っちゃん劇場での仕事、私は今回初めてですが、本公演以外の仕事の多さに目の回る日々です。

トークショー、バックステージショー、ファンクラブの集い、出張ワークショップ、小公演に交流会・・・それに加えて今月は民舞発表会、来月始めは言葉の発表会で「走れメロス」と、弁慶と富樫の「勧進帳」を準備しています。

いやー、鍛えられます。大変ながらも一つ一つの事をやり遂げた喜びは、格別なものがあります。
よーし、がんばってやりきるぞー!と闘志を燃やすいなほでした(笑)

ところで私いなほは、現在坊っちゃん劇場オフィシャルブログにも「いなほのほっと一息」という題名で、坊っちゃん劇場の日々の呟きを書き込みさせていただいております。
もしよかったら覗いてみてくださいねー♪

「赤シャツは見た!ばっきゃライブ日記」




昨日「坊っちゃん!」終演後、明日のばっきゃライブの通し稽古があったざんす。
演目は次の通りざんす。
1.プロローグ(赤シャツの独り言)
2.ミュージカル「アテルイ」より
  「日高見わがまほろば」
  「三重唱」
  「タキナと佳奈の歌」
3.男唄(沖上げ音頭・ソーラン節)
4.ばんば舞
5.豊年太鼓
6.フィナーレ「ありふれた人生」
以上ざんす。
みんなで一生懸命務めるざんす。
是非是非観に来てほしいざんす。待ってるざんす。


写真は「アンネのバラ」ざんす。

2009年6月18日木曜日

響☆九州3日間

響、九州福岡にきております。

暑いです!!
毎日30度の暑さ・・・
6月なのにこの暑さにはもうびっくりです。
梅雨のはずなんですけどね・・・

3日間、わくわく和ライブを2回ずつ公演しました。
一昨日は、筑後市の小学生1・2年生のみなさんに。
昨日・今日は、うきは市の全小学生のみなさんに
わくわくしてもらいました♪

子どもたちのかわいい笑顔をみながらの舞台は、
やっている私たちもわくわくするんです。
手拍子してくれたり、一緒にうたってくれたり、
掛け声をがんばってくれたり!!
太鼓や踊りでハードな舞台ですが、子どもたちが
応援してくれるのでがんばれます!

今回は教育委員会の方々や、地域のホールの方々が
主催してくださっての学校合同鑑賞会。
小さな学校のみなさんにも舞台を届けることができる、
貴重な機会をつくっていただいて、うれしいです。
あたたかく迎えてくださり、本当にありがとうございました。 

あっという間の九州コースを終え、明日から3日かけて
秋田に帰ります。
次は東北をまわりますよ!

「ばあやは見た!花々日記」




「アンネのバラ」や「紫陽花」にばかり目が向いていましたが、まあ!芸術村内には次から次へと花が咲いているのでございます。
花の命は短いのでございます。少し前まで咲き誇っていた花は姿を消して、次の花へ「命」のバトンタッチでございます。
それにしても三枚目の花、面白い形でございます。なんていう花でしょうか?
「庭だより」さ~ん!教えてくださ~い!

2009年6月17日水曜日

「ばあやは見た!小学生日記」




「坊っちゃん!」昨日は県内の全校生徒四十数人という小学校の生徒さん達が全校で観に来てくれたのでございます。
前日は四年生から六年生の生徒さん達が観てくださったのでございますが、低学年の生徒さん達は初めてでございました。
難しいシーンも沢山あったことでしょうが、本当に良く観てくださいました。
わらび劇場にはちっちゃな手のパチパチという拍手と、カワイイ笑い声が響き渡っていたのでございます。
写真は先日の田沢湖でございます。