わらび座オンラインショップ

2009年5月30日土曜日

大阪から広島へ。

パッカ水班は、今日、広島に移動しました。

ここまでは、大阪、京都、奈良辺りを回ってましたが、6/1から2日間広島で公演します(^-^)/
中国地方で公演するのは、私は初めてです!

ちなみに今日は、大阪で子供たちへの太鼓指導の仕事をしました。主にあすみさんが指導をしました。私は子供たちと一緒に習いました(笑)
太鼓指導と一緒に、パッカの舞台に出てくる、よさこいソーランの指導もしました。こちらは彰夫さんが担当。
パッカの舞台中の踊りを、誰かに指導したのは今回が初めてです!なかなかテンポが早くて難易度が高い踊りですが、子供たちは頑張って覚えてくれました。


さて、広島でもたくさんの子供たちに会えますね!楽しみ~♪

帰還!!

響組合 青年部長のダイです。

オーバーホールに出していたドラムが、帰ってきました!!いい音してますよ!

今使っているドラムは、関西にある北野製作所さんの「チタンドラム」です。 アルミニウムでも、スチールでも、ブラスでもなく「チタン」です。


大きく分けて、ドラムの材質は3つあります。

木製、金属製、あとはファイバーやアクリル、カーボンとかがあります。

チタンは金属製になります。大きな特徴を簡単に一言で言うと、

「音がでかい!よく生音が飛ぶ♪」です。

ドラムの材質や、音質、ルックスは、叩く人によって好みがあるとは思います。でも、絶対に同じだと思う事は、「自分の周りで鳴ってる、自分の音が気持ちいい、大好きだ」だと思います。
自分が気持ちよいと思えないなら、相手(メンバーやお客様)に伝わりにくいと思うし、「その音、違うくない?」と言われたら、逆に自分にない音の価値観や発見につながると思います。
スキルアップ出来るし。幸運ですよ。

後は音響さんと、こんな音が出したいと泣きながら沢山話をして、全幅の信頼をして演奏をするだけですね。

会場によって、出音は毎回変わりますし、響のステージは体育館が多いので(昨日は京都の結婚式場のダイヤモンドホールでしたが)、ほぼ毎日、ステージ上はドラムの生音祭りです。

メンバーの皆さんすいません…。

でも…オラはこの音が大好きなんだ♪


ついてこい!!

いや、ついてきてください…(弱;


さて、帰ってきた愛器と共に、新しい音探すぞ~

でも、一時期より、音の出し方はコントロール出来るようになりましたよ……;

第五場 大山祇神社(御田植え祭)

安芸の国から、田楽法師たちが笛太鼓を鳴らして、客席を道中にみたて賑やかにやってくる。
今日は、大山祇神社の御田植え祭なのです。

後には早乙女たちが、楽しくついて来る。
舞台にはこの日を待っていた、大祝、安房、妙林、鶴、クロタカが迎える。

座長の挨拶に応え、大祝は「安芸・伊予の二つの国が共に栄えるよう、一緒に祝おう」と声をかける。

境内に登る田楽衆。我が弟、安房も太鼓を腰に下げて加わる。
座長は、ささらをすりながら歌う。
私、大祝は、徐に笛を取り出し吹き始める。
武芸はもとより、歌舞音曲は得意な家族だ。

鶴は、始め笛を吹いていたが、早乙女らに誘われ、田植えの作業にはいる。
歌も軽やかに、早乙女も歌いだす。

鶴の意外な一面に見とれているクロタカをあざとく見つけたカモメ(鶴とクロタカは惹かれあっているとキャッチしている)は、クロタカを早乙女らと一緒に作業踊りの中に引っ張りこむ。

みんな、生きいきとしている。

そうこうしている間に、御田植え祭は終わるのである。

鶴は田楽法師に、「瀬戸の海・・・いや、異国も見てみたい。そんな遠くまで行ける船を造れる木材が、安芸の国にあると聞いたがどうなのじゃ?」などを聞く。

好奇心旺盛だ。

そのお転婆ぶりをからかうが、反対に鶴に言いまかされそうになり、無邪気な子供喧嘩になりそうになる。

続く。



さて、公民館などでの稽古が終わり、いよいよ劇場入りですが、近況報告をひとつ。

田楽法師は、太鼓を腰にさげ、長いばちで両面を打つ。
身体は、腰を中心に無限大∞に上体をくねらせて打ち、更にバチも回し屈伸もするし、伸びもする。空を仰ぐようにもする。
はたまた、バチをほおりなげる動きもある。
大地(田の神)に願いをするかわりに、人々も精一杯身体をギシギシいうまで使うのである。

実は私は、アメリカ公演でこの田植えの太鼓の演目をやった事があるが、大変な太鼓だ。曲芸までいかないが、難しいのである。

そうそう、5月28日に大三島神社では、御田植え祭が行わされたそうだ。

私達もこの日は、御田植え祭の稽古をした。

御田植え祭の太鼓のグレードアップの為に、ダイナミックに身体を使う稽古に・・・多分筋肉痛になるのではないだろうか?

「ばあやは見た!田沢湖朝焼け日記」




本当に本当に久しぶりに「田沢湖」に行って参りました。
なんせ、近頃の日の出の時間が4:00すぎでございます。いくら早起きのばあやでもなかなか行けたもんじゃございません。
でも、綺麗でございました。息をのむ美しさとはこの朝の田沢湖のことを言うのでございましょう。
また頑張って行こうという気になったのでございます。
田沢湖さ~ん!待っててね~!

2009年5月29日金曜日

「ばあやは見た!CM撮影日記」




昨日、6月4日スタートの新アンサンブルのCM撮りがあったのでございます。
坊っちゃんが「わらび劇場ミュージカル坊っちゃん!」と言って、みんなが「観てね~!」と言うのでございます。
このメンバーこういうのは得意なのでございます。あっという間に「OK!」が出たのでございます。
ああ、それなのにそれなのに・・・ばあやは出演出来なかったのでございます。
「赤シャツ先生のバカ~!」・・・失礼しました。
赤シャツ先生が出演されたので!?ばあやは出演出来なかった!?のでございます。

写真は山で出会った花たちでございます。

2009年5月28日木曜日

長野公演初日

やって参りました!長野!!

諏訪湖畔にて、
つかの間のリゾート気分












朝10時開演のため公演会場に向かう。
と、
同じ道を高校生たちが歩いている・・
出演者と鑑賞者が同時出勤!?
朝の公演はこんな事がよくあります。













合唱コンクールでもあるのでしょうか、待ち時間に練習しているクラスも。













そしてこちらは・・・
寸暇を惜しんでアップに励む役者およびスタッフ、たち。

響☆杏の日記

本日は京都で空き日。

愛しの弥勒さんに逢いに、行ってきました広隆寺!
相変わらずセクシーで素敵でした。
3年ぶりだったので、手を合わせて、いつもの御礼と近況報告したら
ココロ晴々スッキリ!

その後、広隆寺の境内で明日の久々「ALIVE」公演に向けて
稽古しちゃいました。
想像してみて下さい…京都の名刹で踊る女。
観光客の人々が通るたびにストレッチのフリしてごまかすヤツ。
だってやっぱり恥ずかしかったんだもン。

明日!弥勒さんパワーで行くゼ!!

2日で四回!



まずは、まったく関係なくもない写真から!(どっちやねん)

『誠』

そう、この字といえば、幕末に京都を震え上がらせた、新撰組。

日野市に「龍馬!」の宣伝にいったおり、立ち寄った井上源三郎資料館での一枚!

龍馬と立場は違えど、当時の日本を作っていた人達!

あまりの格好よさに撮らせてもらいました。



さてさて、「龍馬!」

昨日、一昨日と藤枝市の高校を対象に合同学校公演ということで、2日間で四回、「龍馬!」を上演しました。

藤枝の高校生にこの作品はどんな風に映ったのか・・・

何かが、こころに残ってくれていたらいいなと思います。


とはいえ、正直2日で四回はなかなかハード。

そんな中、「龍馬!」のバラシ、荷積み(セットや器材などを、片付けてトラックに積み込むこと)を何人かの高校生が手伝ってくれました。

疲れたところに、高校生の若い力はまさに百人力!

いゃー、まっこと助かった。恩にきるぜよ!

みんなの優しさをいただいて、いざ九州♪

今日もゆくゆく、龍馬!班がゆく

「ばあやは見た!満員御礼日記」




一昨日からわらび劇場は二階席までお客様がいっぱいでございます。
昨日はお年寄りから中学生までと幅広いお客様でした。
なかでもばあやと同じくらいのご婦人方のパワーが凄かったのでございます。
笑い声は劇場に響き渡り、万雷の拍手を沢山送ってくださいました。
ばあやも負けじと「ジャイアントスイング」でお応えしましたのよ、おほほほ・・・。
今日も沢山のお客様をお迎えします。ばあやのパワーも全開でございます。
写真は先日の雨の日の「花雫」でございます。

変身大詰め!

さぁ~、キャスト変更稽古も大詰めとなってきました!

楽屋前廊下には午前と午後で色々なキャラクターが出没しております!

まずすれ違った幽霊・・・じゃない幸薄のうらなり先生・・・じゃない古賀先生!



ど~ですか、この伏目が漂わす気弱さ!まさに日陰の実!
見てるこっちまで溜息が出そうな表情。


ションボリした気持ちで廊下を歩いてると、前方から無神経な明るさを振り撒く輩が近づいてきた!

『ど~でげす、このサラサラヘアー!扇子の風になびく感じがサーファー風で、イケてないでげすかぁ~!』



勿論、一発お見舞いして黙らせましたので、ご心配なく。



あぁ~、どうなることやら・・・

こうして今日も、色々なキャラクターが出没するわらび劇場でげした。あっ・・・

2009年5月27日水曜日

大拍手

コース初日は、広島の男子校。中高あわせて満席の会場は
男子の熱気むんむん。
そして、開幕のコーラスがおわると何と!

大拍手!!

学校公演では、私は初めての経験でした。
我王によるとかつてもあった、とのことですが滅多にないらしい。

こんな観る気満々の学生さんを前にしてノらない訳がありません。
エネルギッシュな舞台になりました。
途中、東へ西へ、のコーラスには手拍子!!しかもウラノリで・・

さい先の良いスタートを切って、今度のツアー、良い旅になりそう。

「ばあやは見た!藤の花日記」




まあ!なんということでしょう!
しばらく雨のため「山トレ」を休んでおりましたが、今朝久々に晴れましたので行って来たのでございます。
そしたらあなた、山は「藤の花」が満開でございました。
「藤の花」は遠くから見るともちろん!美しいのでございますが、近くで見るとスター・ウォーズのダース・ヴェイダーの顔がならんでいるようでございます。
なんだか可笑しくなったばあやでございました。

2009年5月26日火曜日

営業応援。

昨日は、関西事務所に出張です。

一昨日から2日間営業応援しております。
火の鳥公演のDM作業をもくもくとしまして、来年の学校さんの芸術鑑賞について電話かけをしました。

事務作業が2日続くと、もう肩ぱっつぱつ、背中ばりばり、腰ぴきぴきです…(--;)
普段は動いてばかりの仕事なもんで、机に向かい続ける仕事に慣れてないもんで…とほほ(;´д`)
これを毎日やってる方々はすごいなー。何かコツがあるんですかね?

昨日は夜、仕事が終わり次第、京都に移動。
明日、京都公演ですのでね。

しかし、今日は京都でお休み~(^-^)/
インフルエンザ予防もあるから、なかなか行動は制限されますが、どんな風に過ごすか、今から楽しみです(^-^)

「ばあやは見た!朝焼け田んぼ日記」




ばあやが子供の頃は手で植えていた「田植え」も、近頃はみんな機械で植えるのでございます。
ので、アッという間に田植えが終わってしまうのでございます。
兼業農家が多いからでございましょう、土日が過ぎると田植えの終わった田んぼがあっという間に増えるのでございます。
植えられた「苗」が朝焼けに照らされて、輝いておりました。
頑張って!豊作になってね~!
ばあやの願いが届きますように・・・。

2009年5月25日月曜日

「ばあやは見た!花雫日記」




雨が続いておりますので、朝は芸術村の中でお花を撮っております。
お花と雫がとっても綺麗でございます。
得意の「接写」でパチリパチリでございます。
雨といえば思い出すのが「紫陽花」でございます。芸術村内にはたくさんの紫陽花が咲くのでございます。もうすぐお届けできることと思います。
楽しみにお待ちくださいね。

2009年5月24日日曜日

響☆つよしの日記

春も深まり、夏へと季節はどんどん移っていくこの頃…





4月の桜が咲き始める前に撮った時には、葉っぱが一枚もなかったのに、一ヶ月後にはこんなに青々と葉が茂っているんですね!
同じ木とは思えないです。

こんな風に、いつの間にか風景は変わって行きます。


さて、明日、響は再び大阪に行って参ります。
風景のように、世の中の事情も刻々と変わります。

でも、わらび座は何時の時代にも変わらずに、皆様に愛される劇団であり続けたいと、私は思っているのです。

季節の移ろいに驚きながら、そんな事を考えてしまいました。

つよし

「ばあやは見た!赤シャツ日記」




なにやら「新赤シャツ先生」がわらび座のブログ「わらび劇場の楽屋から」を騒がせているようでございます。
ヘアースタイルが「おかっぱバージョン」と「オールバックバージョン」とふたパターンあるようでございます。決定!は演出のジェームス先生がするのでございます。
初日が明けてから役が代わるのは珍しいことでございますので「新赤シャツ先生」はイロイロ楽しみながら準備しているようでございます。
稽古も大詰め、新アンサンブルのスタートは6月4日でございます。
お楽しみに!

写真は山で出会った小さな花たちでございます。

2009年5月23日土曜日

おりょうの眠る横須賀で



昨日は、2ヶ月間のロングツアーの最初の公演、横須賀公演でした!

横須賀と言えば、おりょうが眠っている土地です。

今回は、縁の地ということで、急遽公演が決りました!

本番は準備期間が短い中、沢山のお客様が来場してくれました。


そして、この公演を成功に導いてくださった方が、ミュージカル「龍馬!」横須賀公演実行委員長さん!

「龍馬!」を成功させようと、横須賀を東奔西走してくださいました。

終演後の交流会では、実行委員長さんの情熱を沢山聞かせてもらいました。

実行委員長さんも、まさに龍馬!

やはり、横須賀にも龍馬はいたぜよ(笑)


次はどんな龍馬にであうのか!?


写真は、龍馬の装束で浦賀を回った時の一枚!
視線の先には黒船が・・・。

今日もゆくゆく、龍馬!班がゆく

えらいこっちゃ!変身リポート!!!!!

ばあやも言ってましたが、「坊っちゃん!」のキャスト変更が、刻一刻と迫って参りました!

連日、入替稽古と本番を繰り広げていると、段々頭がコンガラガッテきました・・・

まずコチラ!



我が麗しきマドンナと・・・校長・・・?
いや!シャツが赤い・・・赤シャツだぁ~・・・
オールバックにするとマフィアみたいである。
こんな強面の方との対決は、是非避けたいものである。




そして、日が変わると・・・



見事なおかっぱ!そして黒髪キューティクル!
一直線前髪に、几帳面さと知的を!
微笑に、人生の余裕と機微を!
計算されつくした容貌で登場しました!





そして、その日の午後は二時公演!
開演前の廊下ですれ違った方に我が目を疑った・・・


怪しいスナックの店長???

じゃない!校長先生だぁぁぁ!



日々進化するこの方は一体どこまで進化してしまうのか!?
神のみぞ知る!

長~い旅へ

「火の鳥」
本日、2日かけて広島まで向かいます。
7月下旬までの長いツアーの始まり。
と言っても途中、ちょっとは秋田に帰るんですけどね。

かつて、9月にでて12月まで出っぱなし、
という旅をした事があるんですが、
それに比べればあっという間か・・
残暑の中出て、帰りは雪に迎えられたと言う記憶が・・
日本の四季の移り変わりの見事さを実感しましたね。
今回は、夏に向かって暑い(熱い!)ツアーになりそうです。

今回のツアーでは一般公演もたくさんあります。
各地のファンの皆さんにお会いできるのが楽しみです。

このご時世、火の鳥メンバー、健康第一でがんばります。
皆さん、元気でお会いしましょう!!

いざ、出発!!

2009年5月22日金曜日

響☆音響さん紹介



本日は、響のスタッフさん紹介です。

音響と、舞台監督を兼任で、本当に大忙し!!
大活躍の、中田里司くんです。

中田くんの故郷は、秋田県美郷町。元、仙南村。
故郷をこよなく愛する中田くんに、ふるさと自慢をお願いしてみました!
ではどうぞ~!!

--------------------------

響班、音響の中田です。

ふるさと自慢ということなので・・・
秋田こまちで有名な秋田県の中でも、指折りの生産地美郷町。
当然、僕の実家も農業をしています(兼業農家ですが)
ご近所もほとんどが農家!
小学校のクラスメイトの中で、米を作っていない人を探すのが大変なくらいでした(笑)

こんな思い出があります。

小さい頃、スーパーに買い物に行った時、そこに米が売ってあることにビックリ!!
米って売ってるんだ!?
小さい時の僕は、日本人ならみんな、自分で食べるお米は自分で作ってるもんだと思い込んでいたんです(笑)

ちょっと話しが脱線した気がしますが、そんな故郷の好きなところは、あたり一面田んぼばかり!
それのどこがいいの??と思われるかもしれませんが。

稲が見せる四季の顔。
 春は、田んぼ一面水が張られ、綺麗に空を写した大きな湖!
 夏は、青々と育った稲が風に揺られる、広大な草原。
 秋は、草原が黄金色に変わり、それが紅葉と重なりまさに絶景!
 冬は、とにかく真っ白。どこまでも白。小学生の時は、朝雪が凍るので家から学校まで一直線!(笑)

ちょっとガラにもなく綺麗にまとめましたが、これが今回の故郷自慢です。 まだまだたくさんありますが、今回はとりあえずここまでとじます。
ではまた機会がありましたら!

--------------------------

中田くんありがとう!
美しい美郷町!遊びに行きたいですね~♪

私、中田くんのうちのお米をいただいたことがあります!
とっても美味しかったです☆

では、そのうちまた、中田くんにもブログに登場してほしいと思います!

「ばあやは見た!ツツジ満開日記」




野も山も「ツツジ」が満開でございます。
色も色とりどりでございます。赤・ピンク・白・紫・黄色・オレンジ・などなど本当に綺麗でございます。

そうそう、「坊っちゃん!」は客演の高野絹也さんの出演がもうすぐ終わるのでございます。
ばあやは悲しくて悲しくて・・・。
6月3日まででございます。是非是非、観に来てくださいませ。

第四場 周防、大内義隆の館

大あくびをしている大内義隆を追って、陶晴賢登場。

「御屋形様、これは大事な話にございます」

大内「晴賢、うるさいぞ。予は、昨夜ろくに眠っておらんのじゃ。北の方と東の方との引っ張りダコであっちへこっちへと大変だったのだ」

天下に名を轟かす大内氏は、本妻と側室で嘆いている。

すかさず
大内「いっそタコなら良いのにな、足が八本ある。」

「その足を伊予へと伸ばしては、如何なものでしょう。」

大内「いいおなごがいるかね?」

「いいえ、伊予の河野家を討って、本命大三島の大祝家を攻める。(色々と策をねる陶)御屋形様、ご決断を!」

大内「大三島には確か、勇ましい鶴姫がいると聞いた。それに、美しいとも聞いた。」

「御屋形様…のらりくらりと、タコ坊主め」

退場。
なんともチグハグだがそれぞれの野望が働いている。



さてステージでは舞台部さんの仕込み。

役者は近くの公民館をお借りしての稽古、いきなり振り付け稽古だー。

あの苦心した部分・・・前半はそのまま、(エッ、振り付け変えるはず)急いで思いだす。
よし思いだした。
次から新しい振り付けだ。

意外と早く覚えられる。いいぞこの調子で行けー!
以前の振り付けとは違っているのに・・・それは振りが、日本的な部分があるからだ。
腰の下げ具合、扇子を使ったりして、身体に馴染みの要素があるからだ。
それでいて新鮮。

この振り付けは、刀で斬り合いをしないのだ。
その事は、何故だか後に触れる。

実は、稽古場は此処だけではなく、近くの集会所もお借りしている。
毎回移動するのです。
太鼓、小道具、音響機材をそのつど運ばなければならない。

役者より先に、そして次をうまく進める為に、遅くまで打ち合わせをしてくれた演出助手、音楽助手、振り付け助手の方々の奮闘が輝る。

もちろん役者も運びます。
みんなの車に積み込み、民族の大移動!(なんか古い言葉だなぁ)

そんなこんなで。
大内氏ではないが、公民館、集会所と行ったり来たり入れ替わりなのだ。
ここ愛媛の稽古は、熱を帯びている。

外は梅、桜も咲いていました。3月中旬の頃です!

2009年5月21日木曜日

「ばあやは見た!日の出田んぼ日記」




田沢湖!ではございません。
水を張った「田んぼ」でございます。
そんな田んぼに日の出が映って得も言われぬ美しさでございます。
田植えの終わった田んぼもキラキラ輝いております。
な~んにも云う事のないばあやでございます。

2009年5月20日水曜日

「ばあやは見た!中学生日記」




わらび劇場は毎日のように中学生のみなさんが、修学旅行や学習旅行で来てくださっているのでございます。
中学生のみなさんの感想文を読んでわかったのでございますが、ばあやが人形をブン投げる技は「ジャイアントスイング」というのだそうでございます。
先日、お見送りの時ある生徒さんがばあやの所に来て「僕を投げてください!」とおっしゃったのでございます。ばあやは困ってしまって困ってしまって・・・。
でも、ちょっぴり嬉しかったんでございます。

写真は今年最後の(たぶん・・・)「桜」でございます。

観劇。

つい先日、休日に、大阪のシアターBRAVAで公演していた「ラ・マンチャの男」を観劇して参りました(^-^)
まだそこまでインフルエンザの感染がひろまっていない頃でしたが、相変わらずパッカ班はそれに関係なくマスク班です(^-^;

「ラ・マンチャの男」には、「天草四郎」で彰夫さんとあすみさんが共演した、安倍 幸太郎(劇団M.M.C)さんが出演しておりました。

私は、わらび座以外のミュージカル観劇は、実に3年ぶり!
ずっと秋田にこもっておりましたのでね(笑)

久しぶりの観劇は、最高でした!3人とも大絶賛!その日の公演は、オールスタンディングオーベーションもあって、何公演かに1回しかないらしい、カーテンコールの際の松本幸四郎さんの歌が聞けました!嬉しい~!

良い刺激を受けて、また明日から頑張れる気持ちになりました(*^∀^*)

変身着々・・・?

役者はメイクでも変身します!
まぁ~変身方法は、今までお届けしてきたように人によって様々ありますが。

そして、『坊っちゃん!』には特別ゲストのピノキオ・・・
じゃなくて、オサム君が、我が楽屋でいつも変身しております!

全国公演や坊っちゃん劇場では登場していませんでしたが、 今回は特別ゲストとしてお招きしました。



手にしているのは、女性はよくご承知のパフで御座います。
頬に若さの朱をいれてご満悦!
そして右頬にはワイヤレスマイクを装着!

目・口・鼻もバッチリ! ちょっと後ろ髪が乱れているのは、バンカラ風カット。



鏡に映す姿も板に付いております!



男の私も、まさか化粧をするようになるとは思ってませんでしたが、化粧は人の印象を変えます!
特に眉毛は重要な箇所です・・・
変身願望のある男性諸君!コッソリ挑戦してみると意外と楽しいですぞ!

あっ!オサム君の登場シーンは、観てのお楽しみ! あっという演出です!お見逃しなく!

いっぺん観た方も、ご覧になってない方も!オサム君の体当たりの出演に元気がもらえること間違いなし!
7月29日まであと少し・・・わらび劇場に是非来てたんせ!