わらび座オンラインショップ

2009年1月31日土曜日

「芭蕉少々ポイント日記」




この時期、「風景」の撮影は大変!です。

雪がない時にはあちこちに停めて置けた車が、雪のため停めて置けなくなります。

撮影ポイントに行くにも雪の中を行かなければなりません。2~3分で行けていた所が10分以上かかる事もあります。

雪を踏み、道をつくりながらポイントを目指します。断念する事もしばしばです。

でも、苦労の先には素晴らしい「風景」があります。

この田沢湖の夕景も、そんな先にありました。

2009年1月30日金曜日

「芭蕉少々元気!日記」




鶯野の白鳥さん達、元気!でした。

元気で飛んでいました。元気で泳いでいました。

元気で餌を食べていました。ラブラブの白鳥さんもいました。

みんなみんな一生懸命、生きていました。

2009年1月29日木曜日

「芭蕉少々しばれたね~!日記」




昨日は全国的にこの冬一番の寒さだったようです。
どうりで「しばれたね~!」

天気が良くて、全てがキラキラ光っていました。
「眩しいね~!」

真っ青な空と、真っ白な秋田駒。
「キレイだね~!」

ので、写真は秋田駒!

2009年1月28日水曜日

花舞台だより~ひろです

若園ナオミ役の私、ひろです。

今日のお客さまは地元の団体のおばさまたちがたくさんきてくださり、
舞台の呼吸とお客さんの拍手が一体となり、
やっている私たちものせられ生の舞台の醍醐味を感じられたいい舞台でした。

明日は休演日なので今日はおいしいお酒が飲めそう・

さて写真は私の楽屋の化粧前…

















ではなくて舞台セットの一つです。
緞帳の後ろにつくられたという設定の桜富子劇団の楽屋なのです。
でも最近この舞台セットに私たちがお客さまからいただいた、
差し入れ
がならんでいるのです。
千秋楽まで少しずつ増えていきますのでみにこられるかたは、
ホントの差し入れがならんだ桜富子劇団の楽屋セットにご注目!

「芭蕉少々しばれるね~!日記」




今朝、久々に「晴れ」の予報!ヤッホ~!

ので、田沢湖へ行って来ました。

国道の気温表示板-14℃ 寒いを通り越して「しばれるね~!」

しかし、田沢湖は何事もないかのように雪の中に佇んでいました。

深さが400メートル以上あるので冬でも凍らないのです。

ますます「神秘」さを増していました。

寒いけど美しい!しばれるけどキレイ~!でした。

2009年1月27日火曜日

「芭蕉少々大丈夫?日記」




大雪に閉じこめられています。

鶯野の白鳥さん達は元気でしょうか?寒さには強いはずなので大丈夫だとは思いますが、心配です。

あれだけ雪が降ると、さすがの白鳥さんも飛ぶのは大変だろうなあとか、屋根もない川面に浮かんでいるだけなので雪が身体に積もるだろうなあとか、餌はどうしているんだろうかとか、心配は尽きません。

雪が止んだらさっそく会いに行きましょう。

写真は先日の白鳥さん!

2009年1月26日月曜日

「芭蕉少々さらに大雪!日記」




一昨日から大雪です。

1メートル以上積もりました。自然の力はたいしたものです。

すっかり閉ざされた「感」があります。

秋田の冬はまだまだです。

写真は冬景色!

2009年1月25日日曜日

花舞台だより

桜富子でございます。

本日、初の2回公演でした!
大雪の中、午前は90人近いお客様で超盛り上がり、
拍手と涙と笑いに包まれた熱い暑い舞台となりました。
2回目は、当日のお客様が沢山、そして社員の方々も多く・・・
アットホームな舞台となりました。
意外と人気の桜富子グッズ、大公開、安いよ安いよ~

2009年1月24日土曜日

「芭蕉少々夕日田沢湖日記」




久々の夕日田沢湖です。

冬の夕暮れはあっと言う間に暮れていきます。

この日の夕日も10分くらいで消えていきました。

儚い美しさが心に残りました。

2009年1月23日金曜日

「芭蕉少々収録終了!日記」




四日間の収録が終わりました。

夜遅くまでだったり、雪の中だったり、の収録でけっこう疲れました。

でも、普段はふれ合うことのできない地元のみなさんとふれ合うことができて嬉しかったです。

「ロケーション」での地元のみなさんの協力は不可欠です。

お世話になったみなさん、本当にありがとうございました。

写真は白鳥さん!

2009年1月22日木曜日

「芭蕉少々収録日記」




テレビの収録は快調に続いています。

一昨日は大仙市での収録でした。ここは「大曲の花火」で有名です。
ので、花火をバックにしての撮影です。なんせ花火だけに一発勝負!
入念な打ち合わせの後、撮影しました。綺麗でしたよ~!

花火会社の社長さん曰く、「冬は空気が澄んでいるので、さらに綺麗なんです。」

なるほどなるほど、どんな画面になるのか楽しみです。

写真は田沢湖!

2009年1月20日火曜日

「芭蕉少々またまた大雪!日記」




雨が降ったり、雪が降ったり、の秋田です。

テレビ収録のために一年間伸ばした「髭」を剃りました。

なんかツルンとして変な感じ!?暫くはこの顔とおつき合いです。

ヘアスタイルを変えたり、髭を伸ばしたり、役者は「役」で変わります。

写真は朝の雪景色!

2009年1月19日月曜日

「芭蕉少々テレビ!日記」




或るテレビ番組に出演することになりました。

「部長」の役です。いろいろ工面して外側(スーツ、コート、鞄、等々)は揃いましたが、なんせ未知なる世界です、どうなることやらです。

台詞は「秋田弁」なので、ちょっと安心です。

諸々ハッキリしましたらお知らせします。ので、是非見てください。

写真は白鳥さん達!

2009年1月18日日曜日

昨日、今日と劇場では・・・


坊っちゃん劇場では、一期座による公演が行われています。
私も昨日のお昼の公演に行ってきました(^^)V
感想は、一言、
面白かった!!  です。
お世辞じゃなくて・・・。
何が面白かったかの話をする前に、一期座について。
一期座は、ジョイアートが主催する年配の方達の劇団です。
稽古は週に一回、坊っちゃん劇場の稽古場にて行っています。
とにかく熱意が凄い。毎回劇場で会うたびに、みなさんの顔が生き生きしているのに、こちらも元気をもらいます。
そんな、一期座のみなさんが演じる舞台の面白さは、
体当たりの演技。
どの方も、一生懸命舞台に挑んでいる姿が、役の生き様と重なって、見ている側を引き込んでくれました。
話の筋もとてもわかりやすく、感動しました。
そして、台詞に説得力がある!!
お芝居って、演じる人の人生をしょっているんだなぁとあらためて感じました。
家路に着きながら思ったことは、
芝居っていいなぁってこと。人が目の前で人物になりきって、物語を演じる、その物語のメッセージを受け取りながらも、作り手の思いも、自然と受け取っている。
だからこそ、演じるものは、考えなくてはいけないと。もちろんプロとしてお金をもらうには、技術が大事
でも、一番は中味。
今回の一期座の皆さんの熱さにそんなことを学ばせていただきました(^^)
一期座のみなさん、公演成功おめでとうございます。
それと、一期座には、わらび座から加藤 隆さんがスーパーアドバイザーとして、ずーっと稽古に参加されていました。ほんとにお疲れ様です。
しかも、急遽の代役まで・・・
ミュージカル「龍馬!」も24日から再スタート。
お楽しみに。

2009年1月17日土曜日

「芭蕉少々神代カレー日記」




最近噂の「神代カレー」を食べました。前から気にはなっていたのですが、「初食」です。

新年集会でも地域の取り組みとして報告された「神代カレー」誕生は芸術村内会議室だそうです。

B級グルメの大会でも優勝したとかで、お味もなかなかです。「あいがけ」が特徴で、一度に二つの味が楽しめます。芸術村内「片栗花」でも食べられます。

観劇の際には是非どうぞ!

写真は秋田駒!

2009年1月16日金曜日

「芭蕉少々大雪!日記」




この2・3日でだいぶ雪が降りました。大雪です。

車にも雪が積もり、ウィンドウガラスも凍り付きます。

ですから、出社の30分前にはエンジンをかけて積もった雪を落として、とやることはいっぱい!です。

冬の朝は早起きして準備万端!安全運転です。

写真は田沢湖!

2009年1月15日木曜日

「芭蕉少々真冬日!日記」




天気予報によると今日は「真冬日」です。
最低気温-4℃ 最高気温-3℃の予報です。

去年の今頃は愛媛にいたので、真冬日はなかったし雪もありませんでした。
雪のない冬!?なんか変な感じ!?だったのを思い出します。

日本って長~~~~い国だなあ!と、実感しました。

その愛媛「坊っちゃん劇場」での次回上演作品「鶴姫伝説」の稽古は、ここ秋田で雪をも溶かす勢いでやられています。頑張れ!鶴姫チーム!

写真は我が家の前の雪景色!

2009年1月14日水曜日

「芭蕉少々寒い!日記」




雪は少ないのですが、寒い!秋田です。

寒いと怖いのが道路の凍結です。普通に道を歩いていて滑って転んだ経験が何度もあります。

転んだとき先ずすることは、自分の身の心配よりも辺りを見渡すことです。

私だけかと思いきや、結構皆さん同じなようです。

「恥ずかしい!」もんね。でも、くれぐれも怪我にはご用心!

写真は白鳥さん!

2009年1月13日火曜日

「芭蕉少々4月から日記」




4月からわらび劇場の「坊っちゃん!」に出演することになりました。

役はまだ、ヒ・ミ・ツです。

この作品は「坊っちゃん劇場」の第一作目の作品で、私、初代坊っちゃんなのです。

なので、思い入れいっぱいの作品なのです。

なので、どんな役をやるか、どんなアンサンブルになるか、お楽しみいっぱいです。

みなさんも楽しみに待っててね!

写真は秋田駒!