わらび座オンラインショップ

2009年11月30日月曜日

アレンジ活動中!


 久しぶりです。 響組合 組合長 つよしです!

 さて、只今2ヶ月と1週間位の超ロングツアー真っ最中の響です。
 関東から始まり、関西でやり、九州に渡って、またまた関西に戻ってきております。


 実は私、来年の1月から始まります、たざわこ芸術村小劇場の新作で劇中の音楽のアレンジ(作曲ではない)を担当しております。
 作曲家が出してくる曲を味付けする役割とでも言えば良いんでしょうかね。 とにかくこの音楽に今回の作品の善し悪しの全てがかかっている!   そう思って 公演の無い日も何処にも出かけず、ホテルに籠ってアレンジ活動に励んでおります!


 他の、メンバーは景色の写真とか撮ってますが、僕は外に出ないので、アレンジをする時の
ホテルの ベッド・・・・ じゃない・・・・ 机の上をご紹介いたします。



 
 狭いテーブルの上にコンピューター・MIDIキーボード・オーディオインターフェース・音源を入れた外付けハードディスクを置いて・・・・やってます。
 ・・・・何おやっ!!・・・・アレンジじゃ!
 ええ、真面目に仕事をしています。ネットであんな事や、こんな事なんかしてません!

 ホテルに着くと、まず、生活に必要な物を部屋に運び、それからアレンジに必要な機材を車から降ろして設置します。
どんなにホテルに着くのが遅くなっても10分以上は机に向かおう! って思ってやっています。  えらい! あんたはえらい! (誰も言ってくれないので自分で言う!・・・・さびしい・・・・

 劇団の仕事はものすごくハードです。特に作品のスタッフとして裏の仕事にも関わる人達は特にハードです。僕は、今回がスタッフとして音楽全てに手を出すのは初めてなのでツアーに回りながらという条件もあって特にてんてこ舞いしているのかも知れません。
 
 でも、こうやって愛情込めて、寝る間も惜しんで作品を作っているスタッフの仕事に携わってみて、音楽、台詞、振り付け、道具、照明、音響、公演を決めてくれる営業さん。 全てがそれぞれの人生を掛けて挑んでいる仕事なんだなと改めて思います。

 それを、舞台で表現する僕たちは、その全てを受け止めて、僕たちなりの咀嚼をしてさらに精一杯のステージをお客様に届けなくてはならない、そう思い直している所でございます。

 アレンジしていると、正直言って、煮詰まって投げ出したくなる時があるんです!!!!
 そんな時は、今、感じている事を思い出して    
      
 
ウワー

 
 って大声で叫んで、仕事に向かおうと思っております。
 
 乞うご期待! 来年の小劇場楽しみにしていて下さい! お友達誘って観に来てね!