わらび座オンラインショップ

2009年10月10日土曜日

台風が人の脳に与える影響

18号台風、皆さんご無事でしたか?
私たち「おくのほそ道」は少しながら被害?にあいました。

予定していた中学校公演が、台風による休校で延期、
折良く翌日の朝が主催者、劇団双方とも都合良く、
無事終えることができました。安堵!!

しかしこの台風、メンバーに少なからぬ影響が!

女優Aさん。
テレビを見て深刻に言う!
「台風、ずっと北上(きたかみ)に居座ってて、
 北上は凄い被害なんだって!」

テレビのニュースでは
「台風はしだいに北上・・」
(・・・この北上って、ホクジョウって読むんですよね。)
「各地で床下浸水などの被害が・・」
(各地って全国あちらこちら、って事だと思いますが。)

照明Wさん。
順延になった中学校公演を控えた夜、
入浴後脱衣場でひと騒動。
「ロッカーの鍵がないわ!お風呂に落としたのかしら?」
傍にいた同僚数人、足をまくり風呂場まで探しに・・
と、しばらくしてWさん、
「すいません!!頭に付いてました!
 髪をとめるゴムがわりにしてたのわすれてた!!」
同僚一同「・・・・・・・・・・・・・」

台風を笑い話のネタにするのは申し訳ないのですが、
急激な気圧の変化は人の脳に悪影響を与える、
と言う説の一例かと。
・・・そんな説があるのかって聞かないで下さい・・

*台風の過ぎ去った直後の、ホールロビーよりの展望。