わらび座オンラインショップ

2009年9月4日金曜日

歌舞伎?

え~、「舞子の蔵」のドラマに、空襲がある。

そこで、空襲の轟音の中、急いでメイクを施すのだが・・・
このメイク方法は、『コルクの片面を焼いてその煤を顔に塗る』 という方法だす。


そして、本番のクライマックス!

感動的なシーンで以下のメイクで参上した舞子さん!



歌舞伎の隈取????


暗転明けにその顔を目の当たりにした共演者は、笑いと戸惑いを隠すのに必死だったらしい。
本人曰く 『だって私は可笑しくないもん!』
それはそぉ~である・・・自分の顔は見えませんからな・・・妹よ・・・


え~、学をひけらかして申し訳ありませんが、隈取には色によって以下の意味があります。
 赤 = 正義のヒーロー
 青 = 邪悪な敵役
 茶 = 妖怪変化や動物の化身

ところが、舞子はの隈取・・・
 黒 = 道化?

決して『コメディー舞子の蔵』とは銘打ってないのですが・・・


え~わたくし、学はあってもユーモアとボキャブラリーはありませんので、黒の隈取の答えは皆様の無限の想像力に委ねます。