わらび座オンラインショップ

2009年8月21日金曜日

いってらっしゃい!


昨日、ダイちゃんがかいてくれましたが、一年間照明をやってくれた鷲田智美ちゃん(わっしー)が、「おくのほそ道」班の照明に移動のため、響としばらくお別れです。
(写真は、先日、ツアー中に秋田県大湯町環状列石を見に立ち寄った時のものです。)
わっしーから一言もらいました。

「ALIVEは、立ち上げから関わった作品なので、思い入れが強いです。
また必ず帰ってきたいです。
舞台を観に来てくださったみなさま、ありがとうございました。
そして、響のみなさんありがとうございました!」

こちらこそ、ありがとう!!

大型ミュージカルの作品は、照明さんだけで3人。音響さんも2人います。
響班は、照明さんも音響さんも1人。(しかも音響さんが舞台監督も兼ねている!)
機械の具合が悪くなったり、何かトラブルが起こった時などは大変です。
舞台は生物・・・あるんです・・・トラブルが・・・
わっしーも機材トラブルには何度か泣かされましたね。
それでも、がんばって対処して、乗り切ってきたね!!!
本当にお疲れ様でした。
音楽大好きなわっしー、「おくのほそ道」をしっかり頑張った後、また響に帰ってきてね。
いってらっしゃい!!

響の照明は、ALIVEの照明プランをつくってくださった秋田市の先生が担当してくださいます。
どうぞよろしくお願いいたします!


話はかわりますが、本日、わらび劇場ミュージカル「舞子の蔵」の初日でした。
響班は他の仕事でみることができませんでしたが、初日パーティーにお祝い出し物をしにいきました。「舞子の蔵」、涙なしではみれないようです!
感動の声をたくさん聞かせていただきました。
私たちも早くみたいと思っています。
皆様もぜひ、「舞子の蔵」みにいらしてください。
ハンカチ忘れずにお願いします!!
響小劇場公演を観て下さった方々に今日もたくさんお会いし、励ましのお言葉をかけていただきとても嬉しく思いました。
本当にありがとうございました!!