わらび座オンラインショップ

2009年7月3日金曜日

第七場 続き

甲斐甲斐しく手当てをする者の中に、カモメがいる。

父親が船の様子を見に行って、まだ帰って来ない。
家は焼かれたので、母弟妹と一緒にお屋敷で寝泊まりさせてもらっているのだ。

鶴は、大三島から見舞いにミカンを持ってきて、みんなにふるまっている。

呟く鶴、「クロタカ、これが戦の別の顔じゃ。兄上達の知らない顔じゃ。実際に闘う者だけじゃなく、年寄り子供おなごも、みんな苦しむ」

クロタカは、「此度の戦は領土を広げ、より大きな力を持つ為、欲のための戦。」
鶴は、「海も大地も人より先にあって、最初は誰のものではなかった。いつから自分の土地、海と云うようになった。おかしいと思わないか。」

そこに、避難していた老婆が、「贅沢は言わない、わしらは家族と安心して暮らしたい」と鶴に語る。
「そして平和は、普段は当たり前と思ってるけど、無くしてからなんてありがたかったんかと気づくもんじゃ。」

それに触発され伊予の民は歌う(ミュージックNo.8『いつか平和が』)
 のぼる朝日に手を合わせて
 沈む夕日に汗をぬぐう・・・
 いつか平和になり 剣のさびる日がきたら
 太鼓打ち鳴らして祝おう
 いつか平和になり 弓矢を折る日がきたら
 鎧に白い花を飾ろう

そんな願いをあざ笑うように、年が開けてまもなくのこと・・・。



今回の登場はこの方です。
カモメこと、あづきさんより、最近のニュースについてです。

--------------------------

みなさんこんにちは♪

鶴姫班最年少☆
カモメこと古関梓紀です(o^艸^o)

愛媛にもやっと梅雨らしい雨が降りました。
最強雨女カモメのお陰かねぇ・・・(笑)

さてさて・・・
鶴姫班では先日7月1日に『言葉の発表会』がありました。

 1部→勧進帳
 2部→走れメロス

若手役者5名・大道具チーフ、指導・丸山有子、音響、照明も付けて進めてきました。

本舞台や他の仕事を抱えながら、短期間で発表会に至りました。

●目標●
 *勧進帳* 落ち着いて腹から声を出す
 *メロス* 死ぬ気で声を出す

簡単そうですが難しいんです!!
ただのでかい声じゃダメなんです(゜―゜;)

しかもメロスはなかなか台本を離せず、形になってきたのは本番2日前・・・(;´Д`)

でもやるときゃやります!!
本番はかなり緊張しながら、汗だくになりながらいぃ作品ができたと思います。
この達成感、なんとも言えません(≧∀≦)

今回の発表会を通して見付けた課題を乗り越えて、本舞台も頑張るぞー!!!


みなさん!
夏の暑さに負けず元気に頑張っていきましょう!!
カモメ頑張るo(≧∀≦)o

以上、初ブログカモメでした(・∀・)ノ