わらび座オンラインショップ

2009年7月4日土曜日

私的、会津風雅堂公演

旅館芦名をあとにして赴いた
会津風雅堂。
筆者にとって、感慨深いホールです。

10数年ほど前、「春秋山伏記」公演の折り、
数日、地元の実行委員の方とともに営業をし、
当日自分が出演する、
という縁がありまして、思い出深い公演地だったのです。

しかも、「火の鳥」を営業部員とともにここへ来て、
初めてプレゼンしたのが2年前。
その時に興味を持って下さったのが、
当時の担当のHさん。
わらび座にも来て下さり、
昨年の「火の鳥」新宿公演を観て下さった上で、
ようやく2年越しの公演が実現したのでした。

2年ぶりのHさんとの再開は感激でした。
初めて会った当時、
会津の文化について熱く語って下さった記憶がよみがえり、
お客様の見送りもそこそこに語り合ってしまいました。

どんな公演にも、出会いがあり、人と人との共感が舞台をつくるんだ、
と改めて思い至った次第です。

もちろん、大観衆の食い入るような視線の中で、
「火の鳥」会津公演は大成功でした。