わらび座オンラインショップ

2008年12月6日土曜日

ホームグラウンド

仙台公演を終え、本日より、
わらび劇場公演「おくのほそ道」再開!

仙台への旅も刺激的で楽しかったけれど、やはりホームグラウンドはいいです。
何と言っても、いつも変わらぬ、使い慣れたステージ、楽屋、程よい客席のスペース。
安心して舞台に集中出来ます。

けれども、毎日違うのがお客様。
昨日と同じようにやって・・などと思っていてはうまくいきません。

例によって、曾良冒頭のセリフ
 「誰待ってんの?松尾芭蕉!!だめだよ、もう三百年も前に死んでンだもの。」
ここで(そりゃそうだ、と共感の笑い)・・がお客様の反応の定番。

さて本日のあるお客様、上のセリフを聞いて
 「ほお~~っ、そうだったの!!」

・・・・・
確かに予備知識の必要なく楽しめる舞台ではありますが、
まさか、松尾芭蕉が現存していると思っていた?
そんなわけではないでしょうが・・

あまりの素直な反応にそら、思わず(心の中で)吹き出してしまったのでありました。