わらび座オンラインショップ

2008年11月1日土曜日

「芭蕉少々消えた!?日記」




芭蕉も曾良も無類のコーヒー好きである。しかも、本格的!?にペーパードリップ方式!?で入れるのである。

ある日の朝、面倒くさがりの芭蕉は通りかかった曾良にさりげなく言った。
「コーヒーが飲みたいなあ。」

劇場楽屋の廊下の一角に「お茶台」なるコーナーがあってそこでコーヒーが入れられるのだ。

「ハイハイ」曾良はさっそくコーヒーを入れにかかった。そして数分後、「ありゃ~~~!!」曾良の悲鳴が廊下に響き渡った!

芭蕉が慌てて駆け付けた、その先に見たものは!な、なんと!ドリッパーに入れたはずのコーヒー豆が忽然と消えているではないか!しかも、サーバーの中にはコーヒーらしき液体が?????

実は、曾良コーヒー豆を入れたつもりが「インスタントコーヒー」を入れていたのである。お湯を注がれた「インスタントコーヒー」は溶けて流れて確かにサーバーのなかにあったのだ。ので、ドリッパーには何も残らなかったのだ。

さすがのコーヒー好きの芭蕉もこれには「苦い~~~!」であった。

写真は朝焼け田沢湖!