わらび座オンラインショップ

2008年10月27日月曜日

「おくのほそ道」ゆかりの

昨日は「おくのほそ道」ゆかりの地から、
たくさんの方々が観劇にお出で下さいました。

「黒羽から来ました、曾良さんの句碑もありますよ」
と声をかけて下さったのは、栃木県那須の方々。
確か、芭蕉と曾良は、白河の関に行く前に、
黒羽に13日間逗留したのでした。今でもその縁か、
芭蕉と曾良は大事にされているそう。

「たいへん学ぶことが多かったです」
と手を合わせて帰られた、おそらくお寺の関係の方は、
山形尾花沢から。
「山刀伐峠の関守の子孫です」
と言う方もおられて、本物?に会えて私たちも感激。

この作品があっての沢山の出会い、いいなあ。