わらび座オンラインショップ

2008年10月7日火曜日

初めての、観劇

昨日終演後、ロビーで見送りをしていましたら、
70歳代と思われる長身の紳士が握手を求め、
そらに、話しかけて下さいました。

私は、この年になるまで「舞台」というものを観たことがなかった。
ずっと東京で仕事をしているが、
新橋演舞場や歌舞伎座などいつも素通りしていた。
自分とは違う世界の、縁のない場所、と何十年も思ってきた。
今日初めて、観劇したが、
舞台がこんなに素晴らしいもの、とは思わなかった。
これからは「劇場」が今までとは違って見えるだろう。
とにかく感動した!
と。
(*以上は、そのままのお言葉ではなく、そらがそう聞いた、およその内容。)

その紳士の感激さめやらぬ面持ちに、そらもつられて感激。
満面の笑顔のまま、手を振りつつ白髪の紳士は、
劇場の階段を下りていきました。